Dec22,2005

#88 Wooden Santa

santa_ossan.jpeg

木製のサンタクロース

 数年前から我が家に仲間入りした木製のサンタ。毎年この時期になると箱から出してきて、部屋のどこかに置いています。
 素朴なつくりで、ポヤっとした顔つき。存在感が薄そうなのに、結構ノッポで目に付きます。本人は偉そうにしている風ですが、威厳はあまり感じられません…。プレゼントをくれるのかさえ疑問に感じてしまうお間抜けキャラで、とっても我が家好み。
 買ったのは岡本にあるナイーフさん。アジア系の雑貨がメインのお店ですので、このサンタもアジア製かな…。そう思って見てみると、サンタっぽいディティールはあるものの、実は赤い胴着を着た中国拳法のお師匠さんでは?この手の組み方…、ムム、怪しい。サンタ拳法家疑惑勃発中!
 そんなこんなでサンタなのに「じじい」とか適当に呼ばれている彼ですが、実は意外と人気者。昨年にリサ・ラーソンのサンタが我が家にやってきて、少し陰が薄くなったと思いきや、今年はキッチンのカウンターに鎮座しております。なかなかの上席。そして、ちゃんとブログにも登場です。こんなランタンと一緒に並べれば、ちゃんとサンタっぽいじゃないですか。
 今年のクリスマスもハッピーでありますようにと、一応サンタのじじいに願っておこうかな(笑)


posted by Mami & Tetsu at 19:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 置物>オブジェ
この記事へのコメント
サンタのじじい、名前から含めてかわいいですね(笑)
新入りのインテリアに負けない存在感だしてると思いますよ!
ヨーロッパじゃなくてアジアっぽいってのも面白いですね。
クリスマス物は飾っておける期間が限定されるから寂しい気もしますが
それだけにずっと大切にして毎年飾ってあげたくなりますね。
いつまでも「サンタのじじい」と楽しいクリスマスを迎えてくださいね。
Posted by Tom at 2005年12月23日 02:24
こんにちは。
じじいも気に入っていただけました?
なかなかイイ味出しているんですよ。
そうなんですよ、クリスマスグッズって飾れるのが、この時期だけですよね。
寂しい分、特別な感じがするのがいいんですけどね。
クリスマスグッズを入れてある箱を開けるのは毎年楽しみです。
早々と11月中から開けちゃったりするんですけどね。
なんだかんだいいながら、この先もずっとクリスマスにはじじいを部屋のどこかに置いていると思います。

「Tomさん、ありがとうなのじゃ。嬉しいのじゃ。プレゼントをあげたいのじゃ。」from サンタのじじい
Posted by Mami & Tetsu at 2005年12月23日 10:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。