Nov09,2008

#182 Acton Stacker

acton_stacker.jpg

アメリカン・シーティング[AMERICAN SEATING]製のスタッキング・チェア / Acton Stacker

 ベランダのイスを新しくしました。前のモノと同じくアメリカン・シーティングのアクトン・スタッカーです。
 我が家は基本的に愛用品を長く使いたい方で、少々の劣化やサビ等は気にしないのですが、残念ながら前のイスは使用に耐えられない状態になってしまいました。屋根が一応あるとはいえ、直射日光があたり、雨ざらし、吹きさらしのベランダという過酷な条件下で、座面の樹脂が劣化して、触ると表面が粉のように擦り落ちて服に付着してしまうありさま。さすがに使うのはあきらめましたが、デザイン的に捨てがたく、スタッキングもできることですし、とりあえずは置いてあります。クリアラッカー等で症状を落ち着かせられないかなぁと思案中。
 ともかく新しいイスが必要になりました。アクトン・スタッカーがお気に入りだったので、同じモノを買おうと決めたのですが、国内での取り扱い業者が全然見付からないのですよね。こんなにカッコいいイスなのになぜなのでしょうね…。
 前に購入したバードックス[BURDOCKS]さんは閉店していたのですが、まだ商品が残っているかもしれないとムッチャンを頼って社長さんに聞いてもらい、在庫品を売っていただくことができました。きちんとリペアをして、きれいな状態で送ってくれて、本当に感謝です。
 前回のブルーとマスタードという米国的な組み合わせから一転し、今回はブラウンとホワイト。選べる色が3種類だった結果なのですが、色が変わると新鮮ですね。屋外で使用するため、ホワイトの汚れは心配ですが、今回の組み合わせもなかなか気に入っています。海外製品っぽい発色と質感が好み。シックになりそうな色の組み合わせを、カタチと素材感がゆるめてくれているところもいいですね。
 堅牢な鋼管フレーム、座りよい座面サイズと形状など、実際に使ってみて好きになったところがいくつもあります。イームズやネルソンのような巨匠のデザインではありませんが、実用的で米国らしい名作だと思います。アメリカン・シーティング社では定番商品として現在でも製造を続けているようですが、日本では流通していないのは、同社製品が実用品だけに国内メーカー製品と競合してしまうからでしょうか…。
 今回もベランダで使うつもりなので、何年か経つと買い換えなくてはいけなくなるはず。その時になって同じモノを手に入れようとしても難しいかもしれませんね。だからといって、なるべく部屋で保管するようにするのは本末転倒な気がしますし、次のことはその時に考えることにして、やはりガシガシと使っていきたいと思っています。
posted by Mami & Tetsu at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家具>家具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109312089

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。