Dec11,2005

#86 Vintage Creamer

vintagecreamer.jpeg

ヴィンテージのクリーマー

 ラスベガスのアンティークモールRed Roosterで購入したクリーマーです。似たようなモノを所々で見かけたのですが、棚に何色も並べてあるブースがあり、好みの色を選びました。
 こちらをセレクトしたのはピッチャー類好きのMamiです。Tetsuもチラッと見た時に良さそうだなと思いながらも通り過ぎていたのですが、Mamiが気に入ったと言ったので、あらためて見てみると、いいカタチじゃないですか。さすがに自分が好きな系統だけあって良く見ています。基本的には同じようなモノが好きなのですが、微妙に視点が違うので(単純に身長差で視界が違うだけの場合もありますが…)、二人で探した方がより良いモノを探せますね。
 深い色目のネイビーの釉薬、持ち手のカタチや全体のフォルム、ポッテリとした厚み等に、アメリカらしいモダンを感じます。老舗のダイナーなんかで使われていそうなイメージ。
 カリフォルニアの製陶会社の製品のようですが、メーカーはハッキリしません。底に色々と書いてあるのですが、ネイビーの釉薬のため文字とのコントラストが悪く、ところどころ文字もつぶれていて、とても読み難いです。カリフォルニア州には多くの製陶会社があり40〜60年台前後のモダンな製品がコレクティブルとして流通しているようです。このクリーマーも色違いでいくつも集めるディーラーさんがいるぐらいですから、もしかしたらアメリカではコレクターがいるメーカーのモノかもしれませんね。
 最近、アメリカの陶磁器が少し気になっています。ファイヤーキングやオールドパイレックスの色味が思っていた以上に良かったこともあり、陶磁器類も結構良いのではと思い始めています。カラフル過ぎるように感じていたけれど、意外と色味が落ち着いていて、北欧とは少し異なるアメリカ的なモダンフォルム。ラッセル・ライト[Russel Wright]のデザインや、バウアー[J. A. Bauer]製品等の復刻に見られるように、アメリカ本国でもミッドセンチュリーの陶器は再評価されています。私的なイメージはこの本の表紙とかなんですが、心動かされませんか?もう少し男っぽい「アメリカン・ダイナーです!」みたいなモノもありそうな気がしています。実際のところは詳しい知識がないので、踏み込んで調べてみたら、我が家にはToo Much POP!かもしれませんけどね…。
 とりあえずラッセル・ライトの本でも買おうかな。普通にカッコよく、色味も落ち着いているし、Oneidaのリイシューでも十分に雰囲気いいですよね。


posted by Mami & Tetsu at 18:09 | Comment(6) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器
この記事へのコメント
こんにちは。

素敵なクリーマーですね。この形私も好きです。
「深い色目のネイビー」実物で見たらきっともっと素敵なんでしょうね。

実は私、クリーマーを一つも持っていません。
小さくてかわいいのが欲しくなってきました。
できればミルク切れの良いものがいいですが、そういうのってなかなか無いですよね。
いつも醤油さしで失敗しています(笑)

PS.Mami&Tetsuさんのいろんなジャンルの写真と丁寧な解説が大好きです。
書き込みあまりしてませんが、更新毎回楽しく読んでます。

Posted by Tom at 2005年12月11日 20:49
こんにちは。
我が家は二人ともコーヒーはブラック派で、ミルクティーの時ぐらいしか出番がないのですが、なぜかクリーマーもいくつも持ってます(笑)
見た目で選ぶので、ミルクの切れは大体は悪いですね…(笑)
その場で試してみることも出来ませんしね。

我が家も醤油さしはいつも失敗していましたが、つい先日買ったモノが予想外にキレが良くビックリ。
よく見かける定番的なモノです。また記事で紹介しますね。

いつも読んでくださって、ありがとうございます。
マニアックともとれる長文を丁寧な解説と言っていただき光栄です!
写真も素人ながら、色々と苦労して撮っているので、そういってもらえると嬉しいです。
これからも、よろしくお願いします。
Posted by Mami & Tetsu at 2005年12月12日 22:37
はじめまして。
Russel Wright、Bauerなどなど検索しつつ、こちらのサイトにたどり着きました。とても楽しく読ませて頂きました。こだわりのあるセレクト、とても素敵です。これからも時々お邪魔させてくださいね。

私はと言えば、アメリカに行くたびに、ちょこちょことBauerなど集め始めたのですか、すっかりはまり込んでしまいました(笑)

そしてRussel Wrightも気になりはじめる始末・・・Russel Wrightが復刻されているとのことですが、日本で復刻版が手に入るお店ってあるのでしょうか・・・もしもご存知でしたら教えてください。もちろんオリジナルが一番ですが、コレクティブルにはまってしまうと、$がいくらあってももちましぇん(冷汗)
Posted by chicolina at 2006年06月04日 09:37
chicolinaさん、はじめまして!
「アメリカに行くたびに」って、頻繁にアメリカに行かれているんですか?
もし、そうならうらやましいなー。

Russel Wrightの復刻は、Oneida社というところが作っています。
残念ながら我が家も日本で取り扱いがあるお店を知らないのですよ…。
ウ゛ィンテージを扱っているお店はチョコチョコあるのですが、なぜか復刻を取り扱っているお店が見つけられないです。
お力になれなくて、スイマセン。

eBayやアメリカのAmazonなどで、よく見かけるので、アメリカから買うのもありかなと思いつつも、重量があるので送料がそれなりにかかるので微妙です。
何かいい方法がないかなー。

chicolinaさんはBauerを日本でも買われているのですか?
Bauerを取り扱っている店も少ないですよね。

そうそう、コレクティブルは、はまるとヤバいですよね。
お金も収納場所も減るばかりです(笑)

ボチボチ更新しているので、また遊びにきてくださいね。
Posted by Mami & Tetsu at 2006年06月04日 11:27
お返事ありがとうございます!

私もいろいろと探してみたのですが、ヴィンテージを扱っているところしか見つけられず・・・でした。引き続き探してみます。見つけたらお知らせしますね♪

ちょくちょくとまではいきませんが(涙)一年に一回くらいでしょうか。親戚がいる関係で、いつもカリフォルニアかワシントンなので、はじめは他にも旅行したい!と不満たっぷりでしたが、最近ではコレクティブル探しという理由ができて、西海岸を満喫できるようになりました。西海岸の小さな町や大きな町、いたるところにコレクティブルのお店があって、アメリカものが好きなひとには、もうたまらん!という感じです。お金がいくらあっても足りませんね、本当に(苦笑)

Bauerも日本では、ほとんど扱いがないようです。先日初ebayで買い物をしましたが、shippingが落札価格より高くなってしまうんですよ。トホホでした。やはり現地で買うのが一番かも。でも届いたボールやお皿の素敵なことと言ったら!時には、高い送料も我慢がまん。

しかし、アメリカの食器って、コレクティブルにしろ、新しいものにしろ、日本ではあまり幅広く評価されていないのが残念です。素朴で(雑とも言いますが−笑−おおらかとういう表現はどうでしょう)、飽きのないデザインのものがたくさんあるのに。私の姉や母なぞは、Bauerやラッセルライトを見ても、「なんだか野暮ったい食器」という評価。分かっちゃないなぁ〜(笑)

またお邪魔させていただきますね〜


Posted by chicolina at 2006年06月08日 14:42
chicolinaさん、こんにちは!

やっぱり取り扱い店がないですか…。
見つかったら、ぜひ教えてくださいね!

年に1回アメリカ、いいじゃないですか!
我が家も旅行好きで、旅先では色々とお店を巡るのですが、どうしても行き先が主要な都市で、回れる範囲も限られてしまいます。
昨年、ラスベガスへ行った時には必死に調べて、バスに乗ってアンティークモールへ行きましたよ(笑)
小さな街のコレクティブル屋さんって、魅惑的ですー。

海外からの購入は送料が問題ですよね。
年に1度くらいのペースで行くのなら、買ったモノを親戚の家に送っておいて、行った時に持ち帰るというのは?
ラッセル・ライトもeBayで見ると、案外ヴィンテージでも安いんですよ。

確かにアメリカの食器類、特に陶器は日本ではイマイチ人気ないですね。
個人的には、あの色味が好きなんです。
もっと評価されれば、国内でも手に入れやすくなるんだろうなぁ。
そうなると、いいのになぁ。

また、ぜひ遊びにきてください。
Posted by Mami & Tetsu at 2006年06月10日 09:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。