Dec08,2005

*31 Est Royal 2eme

est1.jpeg est2.jpeg est3.jpeg

エスト・ローヤル・ドゥージェム[Est Royal 2eme]

 今回はケーキカフェの紹介です。ご存じの方も多いでしょう。シュー・ア・ラ・クレームの名店『エスト・ローヤル』の待ちにまったカフェ展開です。『エスト・ローヤル』は南京街での有名な行列の一つです。ダントツは『老祥記』の豚まんですかねー。『エスト・ローヤル』も南京街の通り一店では人がさばけず、少し行って角を曲がったあたりにもう一店take outのお店がありました。そこが広がり、eat inできるカフェになりました。
 ここのシュー・ア・ラ・クレームは(シュークリームじゃないんですよね…)まず一般的なシュークリームとは皮が違います。ちょっとパイ皮よりです。フランスパン専用の釜で固めに焼きあげられているという話です。それにレ・ユニオン島産のブルボン種のバニラビーンズをカスタードクリームにたーっぷり使用してあります。とにかく、最高級バニラビーンズが惜し気もなく入っているんです!!そしてパリパリの皮の上にはパウダーシュガーがたっぷり。この三味一体、最高においしいんですよー!!香ばしい皮だからパウダーシュガーもよく合うんですね。はっ!つい我を忘れそうになりました。すいません。
 とにかくオーダーはコーヒーとシュー・ア・ラ・クレームセットとフランボワーズのミルフィーユのケーキセット。いつもはtake outのシュー・ア・ラ・クレームもうやうやしくお皿にのってきます。一目見て気に入ったミルフィーユはきれいでおいしそう。どれどれ。あーやっぱりお店でいただくほうがパリパリ感があるような気がしますね。思った以上のおいしさ。フランボワーズのほうも酸味が加わりおいしかったです。やはり皮はパリパリ、クリームもいけてるときたら、ミルフィーユがおいしくないわけがありませんよね。クリームもたっぷり入っていて満足感を十分感じられます。
 青いテントが目印で、店内はフランスの気軽なカフェのような感じです。でもライトがカンパリの赤い小瓶をまとめたようなモノだったりします。席数は20ぐらいですが、ゆったりした感じをうけます。take outもしているので、ショーケースの前にゆとりがあるからでしょうね。
 このお店はシュー・ア・ラ・クレームのいいとこどりをして、イチゴやバナナを使ったシューやエクレアもあります。普通のケーキも何種類かありますね。チョコレートも得意にしているお店ですので、バレンタインにも込み合っていますよ。今は冬なので寒いかもしれませんが、シューアイスもありおいしいです。今はかなりパイの焼き菓子に力を入れられているようでしたね。パリカリ感が伝わってくるようなパイ菓子が並んでいました。新看板メニューは薄いパリパリ生地で果物とクリームを包んだ特製パイ、ガスコーニュらしいです。おいしそーだったなぁ。ここのカスタードクリーム(Mamiは生クリームよりカスタードクリーム派。どっちも好きだけど)にやられちゃってるMamiはまたクリーム系を食べてしまいそうです…。次はガスコーニュか。
 場所は中華街の横道を入ったところ。説明しにくいのですが、『エスト・ローヤル』の店の前に地図があり、そこから歩いてすぐなので、とりあえず『エスト・ローヤル』を目指すと分かりやすいです。『エスト・ローヤル』は中華街のメインロード沿い、南京町広場より少し東にあります。定休日は月曜日(祝日の場合は次の日)、営業時間は11:00〜19:30です。


posted by Mami & Tetsu at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>カフェ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。