Jul09,2008

#175 琉球ガラス(その10)

hizuki_bowl.jpg

琉球ガラスの鉢

 これまでに紹介してきた琉球ガラスはグラチッタ[glacitta']さん清天工房さんのモノがほとんどでしたが、今回は日月[HIZUKI]さんという読谷の自宅兼工房でガラス製作をされている女性作家さんのモノです。
 東京等で個展を行ったこともあるようなので、ご存知の方も多いのかもしれませんね。我が家も沖縄特集の雑誌で知り、工房を訪ねていきました。お話をうかがうと、実は京都出身の方で、やはり沖縄は暑いと言っていました。ガラス製作をしていれば余計にでしょうね。
 沖縄らしくリサイクルガラスを使用されています。やや青っぽいガラスで、好きな色です。同じリサイクルガラスでも、色の違いがでてくるのは何が理由なのでしょうね。
 厚手のガラスの中には、ところどころに気泡が含まれ、波打ったガラスと歪んだカタチが心地よい揺らぎを生んでいます。ガラスの動きを汲み取ったような自然体の造形には、どことなく女性らしさを感じます。
 ガラス器にとって光はとても大切な要素。透過・屈折・反射によって表情を大きく変えます。緻密に計算されたもの、ガラスまかせのもの、偶然に生れたもの等と様々ですが、その変化はとても魅力的です。このガラス鉢は、光を自らに含むかのようにして柔らかく輝きます。個人的には日中の太陽光が一番似合っているなと思っていて、久しぶりに屋外で写真を撮ってみました。
 ほかの琉球ガラスと同じように使っていたら表面に擦りキズが入ってしまいました…。どうやらガラスの固さも違うようです。お気に入りなので大切に使わなくては。


posted by Mami & Tetsu at 11:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス
この記事へのコメント
いつも素敵に写真を撮っていらっしゃるなあと思いながら
拝見しているのですが、今回の写真はさらに素敵ですね!
本当に太陽光が似合っていて、
右上にsummer greetingとか小さく入れたら、
そのまま暑中見舞いのカードになりそう。
(もしくは少々真ん中より右寄りに漢字で縦に入れても素敵…)

今回も勉強になるお話で「ふんふん」と読んでいたのですが
京都の方でも沖縄は暑いんですね(笑)。
盆地は最強かと思っていました(笑)。
Posted by いちゅ at 2008年07月10日 16:02
いちゅさん、こんばんは〜♪

今回はちょっと苦労して写真を撮ったので嬉しいです!
実は写真の拡大の仕方を変えよーかなと思案中。
試しにこの記事を変えてみたんだけど、ちょっと写真のサイズを小さくしないとおさまりが悪いので微妙…。
やっぱり元に戻しちゃうかも。

沖縄暑いですよー。
日本では盆地が最強ですが、沖縄の気候は異国です(笑)
Posted by Mami & Tetsu at 2008年07月15日 19:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。