Dec04,2005

#85 Square Glass Plate

kayfranck.jpg

カイ・フランク[Kaj Franck]デザインのヌータヤルヴィ[Nuutajarvi]製のガラス皿

 フィンランドを代表するデザイナーのカイ・フランク。これまで何回か文中に名前は登場してはいましたが、実際に彼がデザインしたモノを紹介するのは今回がはじめて。これで、ようやくフィンランドの3大デザイナーが揃いましたね。
 ビンテージ製品でアラビア製の陶器類とともに人気があるのがヌータヤルヴィのガラス器。シンプルなフォルム、シックで透明感ある色調のカラー、質感の良い手吹きガラス、静寂な佇まいのガラス器たち。北欧のガラスといわれて思い浮かべる、あの美しい色とりどりのグラスのグラデーションは、カイ・フランクの功績によるところが大きいと思います。薄い手吹きのガラスは私もかなり好きなシリーズなのですが、結構な値段がするモノが多く、なかなか手を出せないでいます。
 このお皿は1954年〜1968年の間に製造されたモノ。見た感じの印象ではマシンプレスで製造したモノでしょうか…、少し厚みのあるガラスです。お皿の場合、これぐらい厚みがあった方が安心して使えますね。厚みがあるので色目は濃く感じますが、特有の透明感はあります。色は我が家が好きなアンバー。#82でこういった茶系のガラス器が好きだという話を書きましたが、このガラスの色は特級ですね。シンプルなデザインを上質に感じさせる力があります。
 ケーキ皿に最適なサイズ。食事の取り皿やちょっとした一品をのせるのにも便利で大活躍しています。とても使い勝手が良い、実用的なビンテージ品。
 #76#77で紹介したアラビアのSS-Modelと同時にTRUSSさんで購入しました。
 先日、TRUSSさんへ行くと店内の配置が大分変わっていました。ビンテージ類も以前は一番奥のガラス・ケースに置いてあったのですが、大分見やすい場所に移動していました。ディスプレイが変わると同じ商品でも見た目の印象が変わりますよね。「雑貨屋みたいにしてみました」なんて言っていましたが、商品の説明も充実して、前にも増していいお店になっていましたよ。そして、ついつい買い物も…。

Memo:
 カイ・フランクは1911年ヴィーブリ(現ロシア)出生のフィンランドのデザイナー。タピオ・ウィルカラ[Tapio Wirkkala]、ティモ・サルパネヴァ[Timo Sarpaneva]]と並ぶフィンランドの三大デザイナーの一人。1945年からアラビア[Arabia]でデザイナーとして活躍、1950年には同社のアートディレクターに就任します。シンプルで機能的、生産性まで考慮した数多くの陶磁器デザインを手掛けます。なかでも1952年に発表したキルタ[Kilta]は、1981年にティーマ[Teema]として改良復刻され現在でも全世界で愛用される名品です。1946年にイッタラ[Iittala]主催のグラス・デザイン・コンペでタピオ・ウィルカラに次いで2等、3等を受賞したことをきっかけに同社でグラス・デザイナーの仕事を始めます。1950年にはヌータヤルヴィ[Nuutajarvi]に移り、ガラス製品のデザインを数多く手掛けます。シンプルでカラーを駆使したデザイン。手吹き、型吹き、マシンプレスと多彩な製法での作品を残します。イッタラで現行生産されているカルティオ[kartio]の原型となったカラーグラスのビンテージ品は、手吹きならではのガラスの質感と薄さで、現在でも非常に評価が高い作品です。ルニング賞、ミラノ・トリエンナーレでの金賞、名誉賞、グランプリと数え切れないほどの受賞歴があります。第2次大戦敗戦後のフィンランドにおいて、少ない物資の中で同国のデザイン復興に貢献したフィンランドの良心[the conscience of Finnish design]と称される名デザイナーです。

Links:
 Excite ismのVol.24でカイ・フランクが特集されています。分かりやすく、きれいに作られたサイトです。見たことがない方はぜひ一度どうぞ。

[参考文献:biotope / Arabia Museum


posted by Mami & Tetsu at 13:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス
この記事へのコメント
アート系のブログを運営しています。よろしければ、関連記事として、貴記事を当方の陶磁器、デザイン関連の記事にトラックバック頂けましたら幸いです。よろしくお願いします。
Posted by Dr.アート at 2005年12月19日 14:39
こんにちは。
Dr.アートさんのブログの方を拝見させていただきました。
情報量が豊富で全てを見てはいないのですが、イマイチこの記事のトラックバックの送り先が見つけられないでいます…。
せっかくのお誘いで申し訳ありませんが、今回はトラックバックを送っていません。
なお、ちょうど森正洋さんデザインのモノを近日中に記事にしようと思っていましたので、その際にでも送らせていただきますね。
ではでは。
Posted by Mami & Tetsu at 2005年12月19日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。