Jun18,2008

#173 丹波立杭焼(その2)

tanba_vase.jpg

丹波焼/立杭焼の花器

 日本六古窯の一つに数えられる丹波焼ですが、今回紹介するのはモダンな花器。
 黒っぽい陶土は丹波らしいものの、釉薬やカタチは伝統的なスタイルとは異なりますね。
 個人的に、この花器の印象はミッドセンチュリー。きっと作家さんの意図するところではないと思いますが…。
 民藝をモダンに合わせるという感じではなく、本当に50〜70年代あたりのテイスト。直線的でくびれたシェイプと釉薬のグラデーションが、北欧の影響を受けた米国陶芸のよう。それも有名な作家モノではなく、米国のフリマやアンティークモールあたりで見つけられそうなイメージ。この雰囲気を分かっていただけますでしょうか?一緒に行って、同じモノを買ったムッチャンには通じたのですが…。
 陶の郷(すえのさと)にある窯元横丁と呼ばれる共同販売所で購入しました。とってもリーズナブルでお値段の方も米国フリマ的。
 我が家のインテリアにもスッと馴染みます。きっと言われなければ、丹波焼とは気がつかないでしょうね。こんな感じもありです。


posted by Mami & Tetsu at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 置物>花器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。