Dec01,2005

#84 Rex Hotel C&S

rexhotel.jpg

レックス・ホテル[Rex Hotel]のカップ&ソーサー

 今回は少し趣向を変えてベトナムの陶器です。今から10年ほど前でしょうか、アジアン雑貨が一大ブームとなった時期がありますよね。和でも洋でもないオリエンタルな雰囲気の食器や雑貨が、とても安価で買えたため、当時は我が家も色々と買い漁ったものです。その頃の勢いはありませんが、今でも根強い人気がありますね。我が家も新たに買うことはほとんどなくなりましたが、ずっと愛用しているお椀などはチラホラあり、好きなジャンルの一つです。
 このカップ&ソーサーはベトナムのレックス・ホテルのオリジナルの食器。小皿やお椀など色々な種類もモノがあり、その当時に二人でいいよねと言いながらも、買わないまま時が過ぎていました。数年後のある日、閉店セールをしていたお店でこれが売られているのを見つけました。そのころはアジア雑貨への熱も落ち着いていた時期だったのですが、久しぶりに見ても、このシリーズは本当にいいのですよね。値段も安くなっていましたし、もうこれは巡り合わせだろうということで購入することに。
 レックス・ホテルは1959年創業の四ツ星ホテル。フランス統治時代の名残を色濃く残すコロニアル様式の内装は旅行客にも人気です。ホテルがオリジナルで作っている陶器類にも、どことなくベトナム陶器とフランス文化が融和した雰囲気があります。オリエンタルというよりは東洋と西洋が混在した雰囲気。かつて輸出用につくられた中国や日本の磁器、若しくはこれを真似たシノワズリーな欧州の磁器の趣にも似た感覚。ベトナムの素朴なつくりの陶器との不思議なバランス感がいいですね。ホテルのトレードマークの王冠がアクセントとなり可愛いデザイン。
 ちょっと古い話でうろ覚えなのですが、このパターンは今では製造していないデッド・ストックだったと記憶しています。レックス・ホテルのオリジナル食器は現行でも製造されているようですが、もっと小ぎれいなデザインに変わってしまったようです。この少しお間抜けな鳥のパターン、手書き感満点の王冠のロゴと四つの星、ポテッと厚めで質がまばらな陶器の風合いがいいのですが、残念ですね。
 実は同じ時にポットも売っていまして、ピッチャー類好きのMamiのプッシュもあり買っちゃいました…。ポットも結構いいカタチをしていますよ。また機会がありましたら紹介しますね。


posted by Mami & Tetsu at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。