Feb24,2013

#248 Stemless Wine Glass

riedel2.JPG

リーデル[Riedel]の脚なしワイングラス

 リーデル社製の脚なしグラスを2種。小さな方はカジュアルに使える人気シリーズのオー[O]、大きな方はヴィヴァン[Vivant]というシリーズの1つ。
 ヴィヴァンは、米国の大型スーパーのターゲット[Target]がリーデルと共同開発した製品。脚ありのワイングラスもあり、他にも、デキャンターやビアグラス、マティーニグラスなど、グラスウェアを一式展開しているシリーズ。オーストリア製で、ちゃんとリーデルのブランドとして売られており、通常製品と何が異なるのかは不明ですが、とにかく安いです。こちらのグラスは2個セットで$19.99でした。
 昨年、ハワイのターゲットで購入。こんなワレモノを持ち帰るのは大変かなとも思いつつも、円高の恩恵もあり、ついつい。おかげでホテルの部屋飲みも楽しめました。
 すでに持っているグラスとのバランスなどを考え、ピノ・ノワール用の大きめのサイズを選びました。自分で使う分には満足していたのですが、脚がないため、手が小さめの女性だと持ちにくいようです…。
 小さいサイズにしておけばよかったかなと思っていたところ、偶然、誕生日にリースリング/ソーヴィニヨン・ブラン用の手頃なサイズのオーを頂きました。友達が自分でも気に入っているからと選んでくれたもので、とても嬉しいサプライズでした。
 ワイングラスには脚があった方が気分は上るかなとも思いますが、実際に使ってみると、脚なしも便利ですね。基本的に気軽な家飲みが多いので、この安定感は重宝します。気分やシーンに合わせて使い分けるようにしています。

Memo:
 リーデルについては#206 Ouvertureで詳しく書いていますので、そちらを参照して下さい。
posted by Mami & Tetsu at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス

Feb16,2013

丹波篠山へ行ってきました

tanbungama.jpg

丹波篠山へ行ってきました

 久しぶりに立杭焼の里、丹波篠山へ。
 英国からのお客さんを連れて、一眞坊で蕎麦を食べ、陶の郷を覗いた後に、丹文窯で轆轤体験というコース。
 偶然、この日は登り窯の火入れの日でした。
 登り窯がある窯元へは何度となく行ったことがありますが、火入れを見るのは、これが初めて。
 酒で清めた後、窯を暖めはじめると、煙が上がってきました。窯の横には薪が大量に積んであり、これから少しずつ温度を上げていくとのこと。
 丹文窯では、登り窯で焼くのは年4回ぐらい。思いがけず貴重な体験ができました。
posted by Mami & Tetsu at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ>つれづれ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。