Jan25,2013

~48 骨董屋の盃手帖

sakazuki_techo.jpg
click me to go Amazon


骨董屋の盃手帖

 引き続き、個人的な日本酒ブームは続いており、年末ぐらいからの新酒の季節を楽しんでいます。
 酒器にも興味が湧きますが、好みのモノを見つけるのには苦戦中。
 たまたま訪れたお店や窯元での巡り合いがあればよいのですが、ウェブで検索などしようものなら、収拾がつかないほど大量の情報が…。また、骨董や陶芸関連で酒器を特集した書籍は多くあるものの、個人的にピンとこないものばかり。そんな折、近所の書店で目にした、こちらの本がヒットでした。
 著者は、骨董商の勝見 充男さん。なんでも鑑定団の鑑定士も務めていますので、ご存知の方も多いかと思います。かつて評価されていなかった古いモノの中に、新たな美的価値を見いだす「新感覚派」の筆頭などと呼ばれている方。ただ、最近の若い骨董商とは違い、従前からの骨董界とのつながりや知識を持ち合わせ、中間的な存在という印象。
 眼が利くだけでなく、よくお酒を嗜まれる方でもあります。酒器に関しては、趣味が良い酒呑みが選ぶモノに間違いはありませんよね。それぞれの写真に付されたコメントから、盃への愛着が伝わってきます。
 王道の李朝や唐津があるかと思えば、土器の土臭さを抜くために散々お湯で煮てみたり。バカラのアンティークには冷酒を注ぎ、はたまた英国のエッグスタンドを盃に見立てたりと。和洋を問わず、価格も時代もバラバラ。固定観念にとらわれない大胆なセレクトに、不思議と一体感でるのは、芯の通ったセンスのなせる技。
 基本的に古いモノばかりですし、手が出せない値段のモノも含まれているので、欲しいと思っても同じようにはいかないのですが、とても刺激を受ける内容。
 自分が酒を楽しめる器を選べばいいだなと、素直に納得できる良書です。
posted by Mami & Tetsu at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨類>本
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。