Nov23,2012

#247 茂生窯(その5)

shigeo_tokkuri1.JPG shigeo_tokkuri2.JPG shigeo_tokkuri3.JPG

茂生窯の徳利

 徳利(とっくり)というと、日本酒を食卓に出すための1〜2合ほどの容器を思い浮かべますが、沖縄ではちょっと様子が違っています。
 もちろんカタチは口がすぼまった、いわゆる徳利なのですが、泡盛の保存用などの大きなモノをよく見かけます。この辺の話は、山田真萬さんの徳利の記事に色々と書いていますので、ご参照ください。
 こちらは上江洲茂生さんの茂生窯のモノ。正確に計量したことはありませんが、1升ぐらい入りそうな大きなサイズ。
 上部がふくらんでいて、どこか上品な印象のシルエット。
 一方、絵付けは大迫力。イッチンで描いた紋様を、上から筆でなぞってあり、釉薬は盛り上がり、変化もダイナミックに。
 登り窯らしい、渋くて、とても力強い色合いも魅力的。
 鑑賞用のベース[Vase]感覚でリビングボードに飾っています。ヴィンテージ家具との相性が抜群ですね。
 沖縄の陶工では、山田真萬さんが米国やフィンランドで個展を行っていましたが、上江洲茂生さんも十分に海外で通用するのではないでしょうか。もう少し渋好みのデンマークあたりで人気が出そうだなと、勝手に妄想しています。

■関連記事
#213 茂生窯(その1) 茂生窯の片口椀
#230 茂生窯(その2) 茂生窯の厨子香炉
#236 茂生窯(その3) 茂生窯の蓋物
#242 茂生窯(その4) 茂生窯の蓋物
posted by Mami & Tetsu at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。