Mar13,2012

#240 Rex Hotel Pot

rex_hotel_pot.JPG

レックス・ホテル[Rex Hotel]のティーポット

 ベトナムにあるレックス・ホテルのオリジナルのティーポット。このブログで、もう6年以上も前に紹介したカップ&ソーサーと同シリーズになります。
 レックス・ホテルは、フランス統治時代の名残を色濃く残すコロニアル様式のホテル。食器に描かれたフォースターのとおり、かつては四ツ星ホテルでしたが、数年前に改装を行い、現在は五ツ星ホテルにグレードアップしています。
 こちらを購入した時には、この鳥のシリーズは既に廃盤品でした。その後、別シリーズが販売されていたのですが、ホテルのグレードアップに伴い、四ツ星を描いていた陶器の在庫処分が行われ、現在は手書きの陶器類は製造・販売されなくなったようです。
 東南アジアの雑器らしい大雑把で素朴なつくりに、ヨーロッパらしさも混じっていて、なんとも愛らしいデザイン。
 特にティーポットは、そのカタチと配された絵柄のバランスが絶妙で、レックス・ホテルの食器の中でも、一番にその良さがでているアイテムだと思います。
 強い日差し、ぬるく蒸した空気、遠くの喧騒。ベトナムの雑多な雰囲気が入り混じった、ノスタルジックで少し気だるいティータイム。そんな空気を醸し出す、今となっては希少な器です。
posted by Mami & Tetsu at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器

Mar05,2012

倉敷へ行ってきました

kurashiki.jpg

倉敷へ行ってきました

 またまたムッチャンとの3人旅。今回は日帰りで倉敷へ。
 神戸から車で2時間半ほど。その気になれば、すぐに行ける距離ですが、実は訪れたのは今回が2回目。しかも前回は10年以上も前のこと。
 ということで、美観地区を中心に定番スポットを回りました。
 大原美術館、倉敷民藝館、民芸店を何店舗か。お昼ご飯は返し寿司を。町家を再生した店舗が並ぶ本町通りでは、三宅商店でパフェを食べ、倉敷頒布のバイストンに立ち寄り、平翠軒でセレクトされた食品と森田酒造の日本酒を購入。川沿いを散策しながら土産店を覗いたり、むらすずめを買い食いしたりと。
 徒歩圏に見所がギュッとまとまっていて、ちょうど一日楽しめました。
 このブログ関連では、ガラスや花むしろのほか、陶器を手に入れました。
 行くまで知らなかったのですが、堤窯や榎窯など、倉敷の焼き物にいいものがあり、気に入った蓋物をひとつ購入。
 買ったモノの詳細は、またボチボチと記事にしますね。
posted by Mami & Tetsu at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ>つれづれ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。