Jun23,2010

#211 益子焼(その4)

mashiko_bowl_w1.jpg mashiko_bowl_w2.jpg

益子焼の大鉢(白)

 益子にある大誠窯の大鉢。
 以前に紹介した大鉢の釉薬違いで、カタチは全く同じです。分厚く、重量があり、とても安定感のある大鉢。大誠窯らしい、質実剛健なつくりです。
 黒い釉薬を下地に、白っぽい釉薬が上掛けされています。前の迫力ある釉薬と比べると、一見、おとなしく感じますが、これが存外に奥深いのです。
 側面は、上下に染め分けられた状態。手仕事の揺らぎの中にモダンな印象。民藝的な魅力ですね。
 内側は、全面が白い釉薬に覆われています。この白の風合いが素晴らしいのです。
 厚みの変化や釉薬の割れが下地の黒を不均整に透かし、立体感や動きが出ています。また、釉薬自体の発色も落ち着いていて、深みがあります。
 基本は白なので、載せるものを選ばず、料理もよく映えます。とても使い勝手が良い器です。
 こういう器の本当の良さは、使い込んでいるうちに、ジンワリと分かってくるように思います。
 食器の一番の晴れ舞台は、料理がきれいに盛られた様子ですよね。でも、使うということは、そんな完成された状態だけではなくて、食事がすすめば料理はどんどんと減っていき、最後は空になって、ソースや油等でまみれて食卓に残ります。また、洗ってシンク横で水を切るために裏返されたり、食器棚の中で重ねられたりと、様々な場面があって、常に美しい状態という訳にもいきません。
 ところが、良い器には、どんな場面でも絵にする力があります。日常を演出し、生活の満足感や楽しみ与えてくれます。
 だから器選びは止められない。そんな気がしています。

■関連記事
#144 益子焼(その1) 益子焼のそば猪口
#172 益子焼(その2) 益子焼の大鉢(黒)
#188 益子焼(その3) 益子焼の小椀
posted by Mami & Tetsu at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器

Jun20,2010

vivo,va bookstoreが閉店します

vivo,va bookstoreが閉店します

 個人的に、寝耳に水で、相当にショッキングなニュースが舞い込みました。
 vivo,va bookstoreさんが閉店します。
 HPで告知があったのですが、詳細が全くつかめずに、妄想が膨らむばかり。取り急ぎお店に行ってきました。
 どうやら、森忠さんの新たな動きの始まりのようです。
 お店がなくなってしまうことは、本当に残念ですが、前向きな話のようなので、今後の活躍を応援したいと思います。
 営業は7月20日まで、7月3日からはセールを行うようです。
 買いそびれていた本、森忠さんに伝えそびれたお話や渡しそびれたオヤツなどある方は、7月20日までにvivo,va bookstoreへ!
posted by Mami & Tetsu at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 街ネタ>その他

Jun19,2010

French Toast

french_toast.jpg

バケットフレンチトースト

 Tetsuはよく寝ます。
 休みの日はお昼前まで寝ることも。
 Mamiは普通に起きるけど、音をたてずにいることは結構むずかしい(笑)
 まだまだ起きなさそうなので、フレンチトーストを作ることにしました。
 卵・牛乳・お砂糖・バニラビーンズの中に残っていたバケットをひたして待っていると、ちょうどいい時間にTetsuが起きてきました。
 バターを入れたフライパンでじっくり焼いて、最後にグラニュー糖でカリッとさせ、メープルシロップで食べるシンプルなフレンチトースト。
 バケットで作ると食感がよくて皮の感じも好きです。食べきれなかったバケットもおいしく食べられます♪
posted by Mami & Tetsu at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ>点景

Jun10,2010

#210 Teak Plate

teak_plate1.jpg teak_plate2.jpg

チーク材の木皿

 スカンジナビアンモダンらしい材の1つがチーク。特にデンマークの印象が強いですね。
 家具やテーブルウェア等に好んで使われており、そのヴィンテージ品は現在でも根強い人気。このブログでもトレイボウルなどを紹介しています。
 こちらはデンマークのPoul Knudsenというメーカーの木皿。陶磁器やガラスの皿を重ねて使う飾り皿(アンダープレート)です。
 チークの素材感と四方に角ばったカタチで、重ねた皿の風合いが変わります。木製なので気軽なものですが、そのまま皿を置くよりも少し高さもでて、ちゃんとした食卓の雰囲気に。
 クイストゴーの皿を買った時に、あわせて購入しました。
 使い回しがきくサイズなのですが、やっぱり買った時から、この組み合わせがお気に入りです。両方ともデンマークの製品なので相性がいいのか、統一感のあるシックな雰囲気。
 ついでに、デンマークづくしということで、ホルムガードのグラスカイ・ボイスンのカトラリーなどと合わせると、なかなかクールな仕上がりに。ほとんど色味がないのに、とてもカッコよくなります。
 ちなみに、この木皿を直接に食器として使うこともできそうな形状ですが、この時代の木製品を食器として使用するのは、実はあまりおすすめできません。
 1つはダメージの問題。食材の油分や水分が浸透して、シミになる可能性があります。また水洗いも割れや変色の原因になることも。2つ目はチークオイル等の保護材。稀に有害な添加物が含まれている場合があります。テーブルウェアの場合はそこまで神経質になることもないのですが、もともと鑑賞目的のボウルなどを食器にするのは避けた方が無難ですよ。
posted by Mami & Tetsu at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>その他
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。