Jan25,2010

#202 Bull

KE.jpg

ケン・エドワーズ[Ken Edwards]デザインの雄牛

 なるべくなら動物モノには手を出さないようにと思いつつも、久しぶりにやってしまいました。全長35cmもある陶器製の雄牛です。
 メキシコにトナラ[Tonala]という陶芸が盛んな地方があり、日本ではトナラ焼きと呼ばれています。大量生産のお土産品からミュージアムクラスまで、様々な陶芸品が作られています。
 こちらは、1960年代にトナラに移り住み、同地の陶芸に大きな影響を与えた米国人陶芸家ケン・エドワーズ[Ken Edwards]が手掛けたモノ。お腹のあたりにケン・エドワーズを示す「KE」のサインと、これを作成した工房アーティストの蝶のマークが書かれています。
 今でも、色柄違いの同型の雄牛が、トラケパケ[Tlaquepaque]にあるエル・パロマール[El Palomar]という工房で作られています。ケン・エドワーズが技術指導をした工房で、トナラのケン・エドワーズ工房とは、製造型のやりとりもあったとか。これもエル・パロマール製かなと思いますが、工房名が書かれていないため詳細が分かりません。
 食器や花瓶と同じように、動物の置物にも柄を入れるのがトナラ流なのか、草木や鳥の絵付けを施されたフクロウやネコなどを多く見かけます。
 この雄牛も、背中は幾何学的ですが、体の側面には草花と蝶が描かれ、額にも花が。独特の目つきと相まって醸し出される民族的な雰囲気がとても魅力的。
 アレキサンダー・ジラルド[Alexander Girard]がメキシコのフォークアートに魅せられて、自身のデザインにも強い影響を受けたことは有名ですね。ジラルドに限らず、モダンインテリアに各地のフォークアートを取り入れるケースは珍しくありません。
 こちらもeBayでミッドセンチュリーモダンを中心に取り扱っている方から購入しました。メキシコの陶器ながら、モダンインテリアに似合うだろうというセレクト。趣味の良い、お気に入りのセラーさんです。
 ケン・エドワーズ作品はコレクターからの評価が高まっていますが、いまだメキシコ価格でお手頃なのも嬉しいところ。
 ただし、近年は釉薬類の品質が向上したのか、発色の良いツルツル・ピカピカのモノが多いようです。オークションなどで流通している古めの製品の方が、色味が落ち着いていて好みです。
 そんなことを考えながら色々と見ていると、気になるフクロウなどを発見してしまったりして…、危険です。
posted by Mami & Tetsu at 18:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 置物>オブジェ

Jan16,2010

第1回 西神オリエンタル 新春アンティークフェア 2010

第1回 西神オリエンタル 新春アンティークフェア 2010
 日時:2010年1月22日(金)〜1月24日(日)
    AM11:00〜PM7:00(最終日はPM5:00で終了)
 場所:西神オリエンタルホテル3階ギャラリー

 第1回なので内容が全く分からないのですが、神戸の西の方では催事があまりないので取り上げてみました。
 よくある小規模な骨董市の類かと思います。ただし、今のところ洋物と和物のどちらが多いのかも不明です…。
 とりあえず、antique SAKAIさん(アンティーク・ウォッチなど)とdecoupageさん(アンティーク・ジュエリーなど)が出店されるようなので、個人的には十分に楽しめそうです。
 ご近所でしたら、お買い物がてらに出かけてみるのはいかがでしょうか。
posted by Mami & Tetsu at 11:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 街ネタ>イベント

Jan11,2010

Sandwiches for Brunch

sandwich_brunch.jpg

サンドウィッチ・ブランチ

 そのままトーストしてもおいしいパンだけど、お休みの日はサンドウィッチ!
 MamiもTetsuも大好き♪
 ハム・チーズ・オニオン・ピクルスと、いつものようにあるモノを適当に挟んで。
 ズッキーニとポテトのオムレツを添えて。
 いい休日が始まりそうな予感がするブランチでした。
posted by Mami & Tetsu at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ>点景
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。