Sep23,2009

Insalata di Caprese

caprese.jpg pizza.jpg

夕方のカプレーゼ

 休みの日、夕方からダラダラ飲んで食べようかということになりました。
 モツァレラチーズとフルーツトマトにバジル。簡単にできておいしいカプレーゼ。
 明るい時間からの食事で、日差し加減がキレイだったので、ガラス皿に盛りました。
 それをつまみながら、ピザを焼いて食べました。作りおきのトマトソース以外の材料はほぼ同じ。のせたらあとはオーブンまかせ。
 ゆるい時間が流れた食事でした。
posted by Mami & Tetsu at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ>点景

Sep18,2009

#198 読谷山焼(その10)

yomitan_hira.jpg

読谷山焼の角平皿

 読谷山焼陶器市で購入した角平皿。大きなタタラ板に絵付けが施されています。
 沖縄の陶器には定番のカタチや絵付けがあり、作り手が違っても、よく似た仕上がりになることも珍しくありません。この平皿の絵付けは、文字で表現すれば「二彩点打」と、とても定番的。しかし、この筆の勢い!一見しただけで山田真萬さんだと分かりますね。
 点打ちとは、釉薬で点を描いて文様(もしくは文様の一部)とする技法。やちむんらしい絵付けの1つですね。点といっても小さな点から大きな丸まで。筆先を置いただけのものもあれば、きれいに丸を描いたものも。釉薬が滲んだり、流れたりして、様々な表現があります。
 しかし、これほどまでに勢いよく描く人は、他にいないと思います。好みが分かれそうなところですが、個人的には山田真萬さんの大胆な絵付けも大好きです。大きな器だと、一層に絵付けが映えますね。
 買う時には、蕎麦好きのTetsuが蕎麦の皿にしてやると意気込んでいました。2人前をドサッと盛るもよし、1人前と薬味類や天ぷらを一緒に盛り付けるのも雰囲気いいなぁと。
 でも、この大きくて平らな皿が意外に使い勝手が良く、Mamiによって色々な料理に使いまわされています。友達が遊びに来た時に、洋皿に混ぜて前菜を盛り合わせるのに使ったところ、なかなか好評でした。

■関連記事
#39 読谷山焼(その1) 読谷山焼の中皿
#51 読谷山焼(その2) 読谷山焼のお椀(中・大)
#102 読谷山焼(その3) 読谷山焼の中皿
#113 読谷山焼(その4) 読谷山焼の鉢
#116 読谷山焼(その5) 読谷山焼の小皿
#152 読谷山焼(その6) 読谷山焼の大皿
#178 読谷山焼(その7) 読谷山焼の箸置き / 豆皿
#183 読谷山焼(その8) 読谷山焼の色見つぼ
#186 読谷山焼(その9) 読谷山焼の徳利
posted by Mami & Tetsu at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | テーブルウェア>陶磁器

Sep13,2009

*76 希凛

kirin1.jpg kirin2.jpg kirin3.jpg kirin4.jpg

希凛

 明石の魚の棚にあるお鮨屋さん「希凛」です。
 友達と2人でランチに行きました。
 淡路島にある「林屋」という魚屋さんがやってるお鮨屋さんで修行された方と明石の卸売り市場の鮮魚店にいた方とが開業されたらしいです。
 「林屋」さんには何度か行ったことがあり新鮮でおいしく、お気に入りのお店でした。お鮨のほうをお休みされていて残念に思っていました。
 「希凛」は魚の棚の中でもモダンでスタイリッシュな雰囲気で何屋さんかな?と目立つ感じ。あの浜村淳さんが雑誌でオススメされてました。
 予約していたので、カウンターに並んで座り、おまかせ特上握り¥3150を注文しました。このほうがコストパフォーマンス的にもいいので、贅沢なお昼にしよーと友達と盛り上がりました!
 席は掘りになっていて楽チンだけど狭めかな。職人さんは思っていたより若い人が多くて、ピリッとした感じの接客ではなかったです。
 その分、緊張はそこそこに写真をこっそりとったりしちゃいました…。観光客の人も多そうだし、入りやすいかも。
 旬のお鮨が10貫と魚のあらの赤だしが出てきました。新鮮なのは当たり前だけど、どれもおいしかったです。
 お塩で食べた淡路のウニ、柚子胡椒がのった牛肉の炙り、梅肉とあわせて吸盤がコリコリしたタコ、蒸し穴子、アワビなど…(全部になってしまいそう)
 おいしー!特にここのトロは好みかも♪最後には小ぶりの車海老を焼いたのが出てきて、身は甘く、頭は香ばしくいただきました。
 シャリも酢がききすぎでなく、フワッと握ってある感じで好みでした。全体的にバランスがいいなと思います。
 満足〜(もっと食べられたけど…)
 家が割と近いこともあり、また行きたいなーと思っています。夜もいいだろうなー。もっといろいろ食べたい!でも値段はそこそこするだろうなー。
 小さなお店で、カウンター8席ほどと奥にテーブル席が1つあるだけです。少し話を聞いたら、「林屋」さんも再開されたということでした。
 場所はこちら、営業時間は11: 30-15:00、17:00-21:00、木曜定休です。
posted by Mami & Tetsu at 12:37 | Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ>その他

Sep05,2009

#197 Monstera

monstera.jpg

モンステラ

 最近、観葉植物が増えてきました。
 適当に育てているので、うまく成長しなかったり、根が詰まって葉の色が変わってしまったり、時には枯らしてしまうことも…。失敗を繰り返しながら、生命力のある植物だけが残っているような状態ですが、大きくなったものを株分けしたり、植え替えしたりしているうちに、リビングがジャングル化してきています。
 今回紹介するのはモンステラ。
 どちらかというとベタな観葉植物ですね。穴のあいた個性的な葉が特徴で、知っている方も多いと思います。ハワイのイメージを持つ人もいるようですが、個人的にはモンステラといえばミッドセンチュリーモダン。イームズのケーススタディハウスのモンステラが、鮮烈な印象となっています。
 実はこちらは頂き物です。グルメ記事に時々登場する美容師さんが、カットサロンでモンステラを育てています。行くたびに巨大化し、株分けにより増殖を続けており、すっかりブリーダー状態。うらやましがっていたら一鉢分けてくれました。
 大きくて立派な葉が、とても良い雰囲気。次々に新しい葉が出てくるので、樹形を整えて、カッコいいカタチを保ちたいところ。とりあえず写真の状態ですが、下の葉を少し落とした方がいいのかなと悩み中です。

Memo:
 モンステラについてはモンステラ・マニアさんがとても詳しくて、カッコいいです。興味のある方はどうぞ。
posted by Mami & Tetsu at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 置物>植物
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。