Jun27,2009

*75 中華菜家 海岸楽園

chukasaien1.jpg chukasaien2.jpg
chukasaien3.jpg chukasaien4.jpg chukasaien5.jpg

中華菜家 海岸楽園

 栄町にある「海岸楽園」に友達とランチに行きました。
 お昼の1時から食べられる¥1500の彩華ランチが気になっていて、それを目当てに。
 以前はすごいローカルな外観で、おいしいとは聞いていても入りづらい雰囲気でした…。でも今は、外観はもちろん、店内もリニューアルされて、すごく小綺麗になっています。
 20席ぐらいの小箱ですが、この時間だったので、席も4人掛けの広いテーブルでゆったり。
 1時までは、界隈で働く人たちの昼ご飯に活躍していて、麺類やご飯ものをサクッと相席して食べる感じです。そのあとの時間に、ゆっくりいろんなモノを味わってもらおうというのがこのランチですと説明されました。
 ホールのマダム?は気がきいて愛想よく元気な女性。サービスいいです!
 まずは、前菜が出来るまでのシェフからのサービスですと肉団子と冬瓜のとろりとしたスープを出してくれました。
 そんなのあったんだ。へぇー。なんかうれしいしおいしい。夏場は冷たいジャスミン茶を中ジョッキみたいなのにたっぷり入れてくれます。
 前菜は9種類が少しずつ美しく盛り付けられてやってきました。これは女子にはうれしい、少しずついろんなモノ♪見た目もテンション上がりますね。味も、Mamiの口にあったし、どれもおいしくて、丁寧に作られている感じ。揚げたり蒸したり、酸味系だったり優しい味だったり、それぞれにちゃんと主張がありながら、全体的にバランスのいい盛り合わせでした。
 友達とこれは何かな?と言いながら、やるよね〜って感じです。
 メインは汁そばとヤキソバが選べたので2種類をシェアすることに。
 牛肉ゴロゴロの牛バラかたヤキソバはかためのあんがよく麺にからみました。お肉がめちゃ柔らかくて、しっかりした味つけ。お好みでお酢をかけても…のアドバイスで、お酢をかけても少しさっぱりしておいしかったです。
 汁そばは柚子の香りが食欲そそります。お腹いっぱいだなーと思いつつ、食べちゃいました。こちらも汁そばだけど、とろりとしています。味はあっさりしているのでちょうどいいかも。
 デザートは仙草ゼリーでした。いろんな漢方を煮込んで作るらしく、通称かめゼリー。かめは亀??まさかねーと思っていたら、薬草を甕に入れて煮込むかららしいです。安心ー。(無知ですみませーん)思っていたより食べやすかったし、あっさりしていいデザートでしたけど、好みは別れるかもしれませんね。でも食べたあと、なんだか健康になったような気が…。
 味は満足しましたし、マダム?のサービスもよかったです。途中から暇になってきたオーナーシェフも、ニコニコと何度も席にきて、料理の説明などしてくれていました。でもそのうち、2階もリニューアルして貸し切り出来るんですと、まだ食事中の私たちに、何度も声をかけてきました。見てもらいたいんだなぁ、熱心だなぁと思って、食後案内してもらいましたが、もう押せ押せなセールストークでした(苦笑)声も大きいし、テンション高い人なんかなーと思いつつ、帰ることにしたら、また愛想よく見送ってくれましたけどね。
 ランチとしては安くはないけど、おいしかったし、価値あるねーと話しながら帰りました。
 後日、「海岸楽園」行ってさーと別の友達に話したら、「大丸近くで働いてた時、ランチ食べに行ってたよ。おいしいんだけど、あそこのおっちゃんがね…。」と、どうやら昔からみたいです。
 場所はこちら、営業時間は11:00〜20:00、日曜定休です。
posted by Mami & Tetsu at 13:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ>その他

Jun20,2009

#193 Conbiner Bol

conbiner_bol1.jpg conbiner_bol2.jpg

イイホシユミコさんの組鉢

 conbiner bolというシリーズのイイホシさんのボウル。
 最近は、職人さんに製作を依頼しているシリーズも充実してきていますが、こちらはイイホシさん自身のろくろ挽きによるモノ。
 マグポット等と同じく、白磁に釉薬の縁どり。大・中・小の3種類のサイズがあり、1個ずつ販売されています。
 3つのサイズ違いが並ぶと、心地よいリズム感があるので、セットで揃えるのがおすすめ。
 カタチはとてもシンプルですが、惹きつけられるものがあります。こういう感覚的な良さは、言葉では伝えることが難しいですね。できれば実物を見て欲しいところ。
 1セットが入れ子のように一つに重なり、縁の高さが揃うようになっています。重ねると3層に連続する釉薬のリングが現れ、まるで彫刻作品のような美しさ。
 この色を出すために何回も釉薬を重ね塗ることや、仕上がりの選別の厳しさからロスが多いこと等、作品に対する徹底したこだわりをViVO,VAさんから聞いたことがあります。このボウルの端正なデザインからもイイホシさんのこだわりが伝わってきます。
 購入は、もちろん栄町のViVO,VAさん。このシリーズが出始めた頃で、一目で2人とも気に入ったのですが、Mamiの判断により2セットを大人買い。
 このボウルは必ず使えるし、そのためには2セット欲しいとのこと。その言葉どおりに大活躍しています。
 Mamiは、料理を盛り付けた雰囲気や食卓に並ぶ光景を想像しながら、器を選ぶところがあります。ただカッコいいだけでも良いのですが、器を使うことをより楽しんでいますね。Tetsuも見習わなくては。

■関連記事
#15 Mag イイホシユミコさんのマグカップ
#43 Sugar Pot イイホシユミコさんの小モノ入れ / シュガーポット
#102 Coffee Pot イイホシユミコさんのポット
#106 Bowls イイホシユミコさんのボール
#168 Ring Plate イイホシユミコさんのお皿
posted by Mami & Tetsu at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器

Jun04,2009

Yogurt Parfait

yogurt_parfait.jpg

ヨーグルトパフェ

 Tetsuはパフェが大好き。Mamiはイチゴが大好き。
 夏が近づき、そろそろお風呂上がりにアイスやパフェの季節?
 イチゴも買ってあったし、バナナもあるのでパフェを作ることにしました。
 まず器を決めて、バニラアイス・イチゴ・バナナを無造作に入れます。そこに無糖のヨーグルトをたっぷりかけて。さらにアイス・フルーツで出来上がり!
 濃厚なバニラアイスと酸味のあるヨーグルトがマッチ!
 バニラアイスは濃い系で、がポイントかな。
posted by Mami & Tetsu at 21:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | ウェブログ>点景
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。