May27,2009

~26 Discover Japan vol.2

discover_japan2.jpg
click me to go Amazon


ディスカバー・ジャパン[Discover Japan] vol.2

 器に関する書籍は、雑誌の特集を含めて、星の数ほどありますね。内容もそれぞれなので、書店でパラパラと中を見て、好みのものを買うようにしています。ここ1年ほどの間で、これは良かったなと思った書籍のうちの1冊。
 昨年(2008年)の夏頃に新創刊した雑誌で、現在では第4号まで出ています。各号ごとの特集がとても充実しており、雑誌というよりはムック誌に近い雰囲気。Discover Japanというタイトルは、旧国鉄と電通が組んだキャンペーンの名称と同じですよね。直接の関係があるのかは不明なのですが、日本の魅力を再発見するという基本テーマは一緒のようです。
 第2号の特集では「うつわ大国、ニッポン。」と銘打って、民藝系の器を中心に、各地の陶磁器を取り上げています。
 陶磁器の基礎的な知識や代表的な焼き物の説明といった初歩的なところから、少し踏み込んだ辺りまで、とても丁寧な説明。写真がきれいで豊富なのが嬉しいですね。
 特に沖縄の読谷焼と大分県の小鹿田焼は、それぞれコーナーを設けてピックアップしており、製法や窯元のことなどが細かく書かれています。どちらの器も、近年の民芸ブームにより、とても人気がありますが、これぐらい詳しい解説をしてくれる書籍は、なかなかありませんでした。
 このブログでは沖縄の陶器も多く紹介していますが、もっと詳しく知りたいという方におすすめです。
posted by Mami & Tetsu at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨類>本

May18,2009

#192 Butter Case

butter_case.jpg

イェンス・クィストゴー / ジェンス・クィストガード[Jens H Quistgaard]デザインのバターケース / Relief Leaf

 クイストゴーがデザインしたといわれるレリーフ[relief]シリーズのリーフ[leaf]パターンのバターケースです。
 とても人気があり、日本国内でも多数のヴィンテージ品が流通しているのですが、なかなか来歴がややこしいシリーズです。
 メーカー等を確認する時に、バックスタンプを見るのが一般的だと思いますが、レリーフシリーズには複数のスタンプが存在します。「Kronjyden」「Nissen」「B&G」の3種類が定番。「Nissen」には「Kronjyden」のマークが併記されていたり、ファクトリーマークだけのモノや無印のモノもあったりします。会社の合併や買収により、経営主体が変化していったことが主な原因のようです。最終的にはロイヤルコペンハーゲンで製造されていた時期もあったとか。会社とマークの変遷が合致しているかも怪しそうです。恐らく実際に製品を作っている工場のラインは同じで、経営母体が変わっていっただけなのかなと想像しますが、分かりにくい話ですよね。
 また、デザイナーについても一般的にはクイストゴーと表示されていますが、確定できないという話もチラホラと。パルシュス[Palshus]で非常に良く似たデザインを手掛けており、これをプロダクト化したのではないという説もあるようです。当時の広告やカタログ等で、デザイナー名がズバっとでているものがあると一番なのですが、どなたかご存じないでしょうか?
 ちなみに、こちらのバックスタンプは「Kronjyden」です。ビング・オー・グレンダール[Bing & Grondahl / B&G]が買収する前だとすると、1960年代ぐらいまでの製品でしょうか。チーク材の木目が粗いので、後期のモノの気もしますが、違う時代の入れ物とフタをセットにしてしまうこともありがちなので、なんとも言えないところ…。
 細かいことはともかくとして、とにかくカッコいいです。
 シリーズに共通しているのは落ち着いて深みのある釉薬の風合いと、独特の雰囲気があるバターンデザイン。パターンは、シンメトリーに連続した1種類のモチーフにより構成されています。レリーフの名のとおり、パターンは浮き彫りのように作られており、その凹凸により釉薬の濃淡が生じ、味わいが増しています。
 リーフパターンは、葉っぱがモチーフ。色はマスタードかキャメルあたりでしょうか。セミマットで、若干くすんだ感じが好みです。チークのフタもよく似合っていますね。
 北欧の陶芸には、釉薬の発色がとても良いモノが多数あります。デンマークでは、鑑賞用のモノだけでなく、プロダクトのテーブルウェアなどでも見られるのが特徴的。土モノだけでなく、ストーンウェアの類にもシックな釉をのせたりもしますね。日本のモノとは趣が少し異なりますが、好みに合いやすいと思います。
 我が家では卓上の小物入れとして使用しています。常にテーブルの上に置いてあっても、ジャマにならず、雰囲気が良いのがいいところ。
 カップ&ソーサーなど、他のアイテムも気になるシリーズですね。

Memo:
 イェンス・クィストゴーについては#48 Teak Serving Trayで詳しく書いていますので、そちらを参照してください。
posted by Mami & Tetsu at 18:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | キッチンウェア>保存容器

May04,2009

*74 Pizzeria Azzurri

azzurri1.jpg azzurri2.jpg azzurri3.jpg

ピッツエリア アズーリ[Pizzeria Azzurri]

 友達夫婦に誘われて土曜日のお昼に北野のイタリアン「アズーリ」へ!以前から行きたかったのですが、予約がとれなかったり、定休日だったりでようやく行くことができました。
 予約は友達夫婦がしてくれてたので、12時にばっちり席に着けました。週末もランチセットがあってお得!
 ランチと単品をうまく注文して、昼からワイン空けちゃうことに♪
 前菜盛り合わせ・ピザ・パスタなどでワイワイしてたら、ワインも3本目になってました。Mamiはワインを舐めながら、カシスソーダ飲んでたんですけどね(毎度のことながら…)
 前菜もフリットやマリネなどボリュームもあっておいしいです。ピザも手でパクっといきたい感じ。ランチのピザも大きさは同じでかなりデカイ。後でもう1枚追加しちゃいました。
 お店は広くはないですが、さわやかであまりゴチャッと感もありません。
 この日は天気がすごく良くて、店内には大きな窓から陽射しがさし込みいい雰囲気♪
 そしてなんと、友達夫婦からのサプライズが!私たちの結婚10周年のことを覚えていてくれて、すごく心のこもったプレゼントをもらいました。人のスイートテンなんて、当人意外は覚えてないものなのに〜(調子に乗って何度も言ってたかな?)
 話をしていると、アズーリは天気のいいほうが断然いいからと、週間予報を見て、天気のことまで考えてくれてたとのこと!本当に本当にうれしくて涙が出ました。
 この日は結局飲んで食べて、ランチタイムが終わる頃までつい…。ここはオープンの時間しか予約が出来ないらしく、追い出されることはないのです。逆に予約なしだと週末はいつ空くかわからないのでかなり待つかもしれませんね。
 場所はこちら、営業時間は12:00〜15:00(LO 14:30)17:30〜22:00(LO 21:30)、木曜定休です。

 この日、あまりに楽しすぎた4人は、カフェラでカプチーノを飲んで酔いをさまし、友達夫婦の家で夜も飲んで食べてのパーティーとなりました。
 この夫婦はまだ結婚して2年ほどですが、これからも仲良くお付き合いして、スイートテンを祝い返すぞ!と思っています。
 素敵な1日とプレゼント…忘れられない1日をありがとう♪
posted by Mami & Tetsu at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>イタリアン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。