Feb28,2009

Curry Stock

curry_stock.jpg

ストックで

 ドライカレーを作る時はいろんな野菜を刻み入れて、大量に作ります。そして、冷凍庫にストック。
 何もない日に、ドライカレーをゴハンに混ぜて、レタスとしそもさっと混ぜて出来上がり。たまたま今回しそを入れてみたらヒットでした。
 チーズや半熟目玉焼きをのせれば、立派?な一皿に!
 いろんな香味野菜のサラダを添えて。
posted by Mami & Tetsu at 18:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | ウェブログ>点景

Feb18,2009

第1回 神戸さんちかアンティークフェアと第25回神戸骨董祭

催事を2つまとめて紹介します。

第1回 神戸さんちかアンティークフェア
 日時:2009年2月20日(金)〜2月24日(火)
    AM10:00〜PM8:00(最終日はPM6:00で終了)
 場所:さんちかホール(三宮さんちか3番街)

 (旧)骨董&アンティーク掘り出し広場のイベントを引き継いだようです。内容には変わりないと思います。
 実は、久しく顔を出していないイベントなので、紹介する割には、最近の様子をよく分かっていません。
 よく行っていた頃と出店業者も大分変わっているようですが、久しぶりにantique SAKAIさんが出店します。
 我が家も久しぶりに行ってみようかなと思っています。

第25回神戸骨董祭
 日時:2009年2月27日(金)〜3月1日(日)
    AM10:00〜PM5:00(最終日はPM4:00で終了)
 場所:神戸ファッションマート1Fアトリウムプラザ(六甲アイランド)

 恒例の神戸骨董祭。主催は大阪骨董祭さん。
 いつもの業者さんが大半だと思いますが、チョコチョコと入れ替わりもありますので、お目当ての業者さんがいる方は、事前に確認を。
posted by Mami & Tetsu at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 街ネタ>イベント

Feb14,2009

#188 益子焼(その3)

mashiko_small_bawls.jpg

益子焼の小椀

 益子の大誠窯さんで購入した小ぶりなお椀。
 前回訪れた時には、息子さんに応対をしていただきました。篠山からの修行帰りのため関西弁にも慣れていて、年齢が若いこともあり、気軽に話ができ、ムッチャンと4人で盛り上がりました。親切で気さくな好青年といった感じで、色々なことを教えてくれました。「息子さん」なんて言うとムズガユイ感じがするので、以後は彼のことをセイチャンと呼ぶことにしちゃいます。
 この小椀はMamiが鍋の時に使うお椀を探しているということで選んだモノ。
 大誠窯さんは同じモノでも結構な量を積んで売っているので、微妙に異なるカタチや発色等を比較しながら選ぶことができます。さらにセイチャンが奥からストックを出してきてくれたので、なかなか選びがいがある状態に。
 床にいっぱい並べて、まずは消去法。好みでないモノやカタチや大きさが違い過ぎるモノを省きます。その後、色目や釉薬の変化具合等の異なる点を、お互いに確認しあいながら、微妙にグループ分けをしてみたり、元に戻してみたり。いつも、こんな風にしながらお気に入りを探していくのですが、今回はセイチャンもいることなので、実際にモノ作りをしている人の好みはどんな感じなのか聞いてみました。
 素人では分からないような難解な景色のモノを選ぶのかと思いきや、やり過ぎでない適度に釉薬が変化したモノが好きだとのこと。器として使いやすく、飽きもこなくて良いからと。これぐらいの感じかなぁと選んだモノを見て、思わず納得。心に響きました。
 使うための器に大事なことを、ちゃんと分かっている作り手って、とても素晴らしいです。変な小細工や腕自慢に走らない、本当の職人魂を持っているに違いないと感じました。セイチャンやるね!
 そんな訳で、ほどほどに変化した釉薬具合のモノの中から好みのモノを選びました。一見すると地味なモノばかりとも思われそうですが、これが本当に使い勝手が良く、使うほどに味わい深く感じてきます。
 窯元の販売所や陶器市など、大量に商品が並んでいると、どうしても釉薬具合や絵付けが豪快だったり華やかだったりするモノに目がいきがちです。もちろん好みのモノを選ぶので、家に持ち帰っても納得なのですが、いざ食卓に並べると騒がしくなり過ぎることもあります。その点、この器は食卓全体を引き立てながら、時に自身のキラリと光るところを見せてくれる、ドラマの名脇役のような存在です。

■関連記事
#144 益子焼(その1) 益子焼のそば猪口
#172 益子焼(その2) 益子焼の大鉢(黒)
posted by Mami & Tetsu at 12:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器

Feb11,2009

#187 Iga Earthenware Pot

igadonabe1.jpg igadonabe2.jpg igadonabe3.jpg

長谷園の土鍋

 このブログで土鍋を紹介するのは2回目になります。
 実は前に紹介した土鍋のフタを割ってしまいました…。すべって床に落としてしまい、バラバラに。ワレモノなので、気をつけていても壊してしまうことはありますよね。かれこれ7〜8年は使っていたモノですし、「カタチあるもの全て壊れる」と言いきかせながらも、お気に入りが割れてしまったのは、やはりショックでした。これからが鍋の時期だったので、新たな土鍋で気分を一新することに。
 今回は伊賀焼の土鍋。ヘルシー蒸し鍋やかまどさん等で人気の長谷園の製品です。伊賀市丸柱にある長谷園を直接訪れて購入しました。
 こちらはグラフィックデザイナーの経歴をもつ陶芸家の大道正男さんの土鍋です。ほんのり赤みを帯びた黒釉は、半光沢の落ち着いた質感。分厚く、重量感があります。浅めのカタチと、大ぶりで直線的な把手とのバランスが良く、まれに見るカッコいい土鍋ですね。
 手作りのため、ひとつひとつ色やカタチが微妙に異なります。第1展示室に1点と第3展示室に2点の計3点が店頭にあったので、お店の人にお願いして1箇所に集めて比べさせていただきました。これは赤みがあるなとか、上下で色合いが少し異なるかなとか、こっちは深さがあるな等と言いながら、角度を変えたり、持ち上げたりして見比べます。色や肌合いは太陽光で見るのが一番分かりやすいので、店の外にあるベンチに並べて選んでいたら、通りかかった職人のおっちゃんに「何やってんの?」と聞かれてしまいました。我が家的には毎度のことなのですが、こういうことをする人はあまりいないのかな…。
 粗く、吸湿性が高い陶土は、しっかり乾かさないとカビが生えやすいという難点はあるものの、使い込むほどに鍋が育つという素晴らしい特性があります。ちょうど、雑誌等で見かける長谷圭未さんが店頭にいらっしゃって、10年ほど伊賀の土鍋を使い続けているけど、使うほどに沸くのも煮えるのも早くなっていきますよと教えてくれました。
 たしかに最初は前の土鍋ほど早くに沸かないことに戸惑いました。でも、何回か使っているうちにコツもつかみ、少しだけ沸きやすくなったように思います。火の通り方も大分違いますね。マイルドだけど、しっかり芯まで温まる感じで、鍋の具材からでたスープの味まで美味しくなりました。また、この土鍋は陶板としても使え、ステーキがとても美味しく焼けるらしいです。
 正直に言うと、かなり予算オーバーの買い物でした。しかし、この土鍋の満足感はすばらしいです。まだまだ使い始めたばかりですが、どんどん活躍させて、育てて、もっと良い鍋にしていきたいと思っています。

 以降、伊賀のことなど書き綴ります。興味のある方はどうぞ。続きを読む
posted by Mami & Tetsu at 12:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | キッチンウェア>調理器具

Feb02,2009

*72 洋食朝日

asahi1.jpg asahi2.jpg asahi3.jpg

洋食朝日

 花隈にある洋食屋さん「朝日」です。ここは以前に紹介した焼肉『満月』さんのすぐ近くにあります。雑誌にもよく出てくるし、気になっていたけど、『満月』行く時には無理だし(当たり前…)普通に狙って行こうとしても、店の前にいっぱい並んでいて、あきらめたりしてました。
 前に勢いでグルメ美容師さんと行ったら、ちょい待ちで入れました!
 店内は意外にもおしゃレトロな感じもあり、天井も高かったです。テーブルにはソース・マヨネーズ・ドレッシング・塩などの、ご自由にグッズがあり、昔ながらな雰囲気。
 洋食屋さんってほんとにどれも食べたくて悩む〜。ここは値段も庶民的で大差ないので特に迷います。
 まずグルメ美容師さんが、ヒレカツにクリームコロッケ1個と注文しました!え?何そのクリコロ1個のオプションは!慌ててTetsuも、ランチ(海老フライとハンバーグ)にクリームコロッケ1個、Mamiもそれに続けとミンチカツにクリームコロッケ1個という注文を。こんなんありなん?って聞いたら、オレはありやけどって。あー、一緒に来てよかった♪
 それぞれご飯とお味噌汁つき、おつけもの食べ放題です。
 ミンチカツは予想と違って、小さなボール状のものがゴロゴロ6個のってました。めちゃ熱かったけど、ジューシーでおいしかった。クリームコロッケもボール状だったので、Mamiのお皿はコロコロしてました。付け合わせはキャベツとポテサラという定番。
 Tetsuのハンバーグもソースがなつかし系で、海老フライもおいしかったです。もちろんクリームコロッケもいける!
 みんな1個づつ頼むんやったら単品で頼めよって感じ?と言いながら食べました(笑)
 ご飯も大きいお茶碗にモリッと入っていて、ボリュームあります。
 デミグラスソースを何日も煮込んだとかいうノリではないけど、気張らずデイリーに使いたいお店ですね。値段はリーズナブルで、どれも¥1000以内です♪
 昔からのお客さんや近所の人にも愛されてる洋食屋さん。我が家の近所にもあればいいのに…。
 場所はこちら、営業時間は11:00〜15:00、17:00〜21:00(L.O)、木曜定休です。
posted by Mami & Tetsu at 22:07 | Comment(8) | TrackBack(0) | グルメ>洋食
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。