Sep28,2008

*68 Ber Ber Bar

berberbar1.jpg berberbar2.jpg berberbar3.jpg
berberbar4.jpg berberbar5.jpg berberbar6.jpg

ベルベルバール[Ber Ber Bar]

 今回はバールを紹介。「ベルベルバール」です。
 グルメ美容師さんに教えてもらって、4人で食べ&飲みです(Mamiはドライバーだったので飲んでないけど)細長いカウンター10席の店内はワイワイ込みあっていました。シンプルな内装で意外と照明も明るい店内。オーナーとシェフの2人でやっておられる様子。
 カウンターに座ると前の壁の棚一面にワインボトルが飾られて並んでいます。かわいくておもしろいラベルを眺めるのも楽しいかな。ビオワインに力を入れられているお店で、グラスも10種類ぐらいありました。いろいろ飲めていいですよね。ワインはボトルで頼みました。
 さて、食事は…定番メニューは少なめで、黒板にいろいろその日のおすすめが旬の食材をまじえて書いてありました。みんなで相談しながら、前菜盛り合わせ、マルゲリータ、内蔵のトマト煮、地鶏とポテト、とり貝のトマトクリームパスタ、あさりのパスタにしました。
 正直、バールのお料理だからつまむ感じなのかなーとあんまり期待してなかったんですが、前菜が来た時にテンションがあがりました♪ボリュームあるし、1品1品がおいしい!イタリアのお惣菜な感じで、やさしい味。飲むお店ってわりと塩味がきついところとか多くて、Mamiはちょっと苦手なんですが、ここは大丈夫!かぼちゃはバニラの風味だったり、ごぼうがトマト味のキンピラ風だったりしました。
 パンのセットがチャージがわりに出てきます(1人¥300)私たちはご飯食べずに行ったのでよかったですが、食事をすまされてる人はちょっと困るかも?パンかナッツやドライフルーツかが選べたりするといいですね〜。
 ビザは普通かなーと思ったら、すごく分厚いトマトがのっていて甘くてびっくりしました。トマト勝負!って感じでした。
 あとの料理のワンポーションは少なめ。内蔵はハチノスがすごくやわらかくて変なくせもなくておいしい。地鶏もとろりとした粒マスタードと相性よかったです。パスタは手打ちでちぢれ系の麺と平麺でした。《手打ち》と期待したら、なんだか妙に噛みごたえのないのがでてきたりしたことがあって、じゃあ普通のおいしい麺を上手にゆでたほうが…と突っ込みたくなるお店もありますが、ここは、手打ち麺もしっかりしていて味もあっておいしいなーと思いました。とり貝も新鮮で季節の菜の花の程よい苦みとでいけました。あさりも大きかったです。パスタは4人でわけるには量が少なめでしたけどね。ワインのあてに黒豚の肝のパテを追加。
 お料理は全体的においしかったのですが、もう少し個性というかパンチが欲しい感じかなぁ。
 4人で行っていろいろな種類をつまんで食べる感じになって、それはそれでよかったですが、2人でカウンターって使い方が理想なのだと思います。2階は微妙なスペースで、4人席が1つにソファーなんかが置かれていました。改装の予定があるらしく、これからどうなるのか期待ですね。
 最初は、カウンター席の後ろの狭い通路を人が通ることや、満席のため目の前で申し訳なさそうに断ってることとかに、気を使ったりしてなかなか落ち着けなかったのですが、お店に馴染んでしまえばあまり気にならなくなりました。でも、ゆっくり食事をするって感じとは少し違うかな?お料理にも力をいれられているので、ちょっともったいない感じもします。
 オーナーはきさくでやさしい話しかたをされる方で、オープンから1年半ほどですがリピーターもたくさんみたいでした。ただ今度シェフが変わるらしいので、もしかしたら料理がこの記事とは違った雰囲気になるかもしれません。
 ワイン2本飲んで1人¥5000でした。もちろん飲むワインの値段によりますけど、グルメ美容師さんによれば価格設定は良心的とのこと。
 場所はこちら、営業時間は18:00-翌2:00(LO)、日曜定休。
posted by Mami & Tetsu at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>イタリアン

Sep20,2008

益子へ行ってきました

daiseigama1.jpg daiseigama2.jpg

益子へ行ってきました

 先週末の3連休に合わせて東京へ行ったのですが、一日は益子へ足を伸ばしました。
 一番の目的は大誠窯さん。前回、益子に行った際に教えてもらった窯なのですが、その時に買ったモノはどれもお気に入り。さらに、この4月まで篠山の柴田雅章さんの下で修行していた息子さんが帰ってきているという情報もあり、楽しみにしていました。
 東京での滞在先であるムッチャン家からレンタカーで3時間ほど。3人で早朝出発のワンデイ弾丸トラベル。
 何ヶ所か気になるお店に入ってみたのですが、やはり大誠窯が商品・店の雰囲気・人の良さという、あらゆる面で一番好きだなと再確認をしました。
 写真は大誠窯さんのお店と益子でも屈指の大きさを誇る登り窯。使い込まれた窯の内側は、赤松の薪からでた自然釉でレンガが飴色になっており驚きました。
 買ってきたモノは、またボチボチと紹介しますね。
posted by Mami & Tetsu at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ>つれづれ

Sep19,2008

北欧のあたたかい部屋づくりに掲載されました

北欧のあたたかい部屋づくり
click me to go Amazon


北欧のあたたかい部屋づくりに掲載されました

 北欧系インテリアの実例を集めたムック誌で、我が家も掲載されています。
 それぞれの家を数ページずつ紹介しながら、インテリアのアイディアやポイント等をピックアップした実例と共に説明していく構成。
 我が家的には少し場違いかなぁ…。
 基本的に北欧以外のモノが大量にありますし、個人的にはインテリアにルールやマニュアルなんてないと思っているので、むしろ一番後ろの雑貨コーナーの方が合っていたかもなんて思ってみたり…。
 とはいえ、こういうことは貴重な体験ですね。家に来たライターの方はこのブログをあまり見ていなかったようでしたし、何も知らない人が家にやって来て、感じたことを書いている訳でして。パッと見では人の眼にこう映るのかと、妙な部分で感心をしてしまいます。
 巻末の取材協力リストでは、Mix Modernのクレジットが有名店に囲まれて並んでおり、なんとも不思議な感覚。
 この9月に発売したばかりですので、本屋さんの店頭に並んでいると思います。興味がある方は、ご一読を。
posted by Mami & Tetsu at 22:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | ウェブログ>つれづれ

Sep18,2008

Salad Tofu

salad_tofu.jpg

サラダ豆腐

 冷奴のつもりが…
 Mamiは実は豆腐にお醤油かけて食べるのは、そんなに好きじゃなくて、少しだけ食べればいいやって感じなのです。
 でも、サラダ感覚にするとモリモリいけます。
 その時ある野菜でいいんですけど、この写真は、トマト・レタス系の葉・サラダセロリやしそをたっぷりのせて。気分でドレッシングを作ってかけます。この夏にはまっていたのは、梅をつぶしていれて、梅風味でさっぱり!1年中、健康のためにも食べようかな。
 和骨董の印伴のリボン模様のお皿に盛ります。藍と雰囲気ある白に、こんなサラダ豆腐が映えます。
 お気に入りの柄のお皿、また紹介しますね。
posted by Mami & Tetsu at 22:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | ウェブログ>点景

Sep09,2008

#179 Pyrex Container

pyrex_container1.jpg pyrex_container2.jpg

パイレックス[Pyrex]の保存容器

 耐熱ガラス器の定番パイレックスのフタ付き保存容器です。特にオールドバイレックス等のコレクティブルではなく、数年前に新品で買った現行品です。
 冷蔵・冷凍からレンジやオーブンまで使える耐久性、そのまま食卓に出すことができるデザイン、冷蔵庫内でのおさまりが良くて積み重ねもOKな収納力で、大活躍しています。
 何気ないのですが、フタの色味と文字がカッコいいのがお気に入り。外国っぽい雰囲気だと思っていたら、本当に米国製でした。近所の大型スーパーでディスカウントしていたモノを買ったのですが、パイレックス商標を保有しているコーニング社の製品を輸入していたようです。
 パイレックスは各国でライセンス生産されており、国によってデザインや商品展開に違いがあるようです。国内では岩城硝子がライセンス生産をしていますが、大型スーパーやホームセンターのような量販店では輸入品もよく見かけます。米国らしい無骨なデザインがカッコよく、お値段も手頃なのですが、いざこれと同じモノが欲しいと思った時に、なかなか手に入らなかったりするのが残念なのですけどね。
 余談ですが、Tetsuはグラタンが大好物です。いつもMamiがこのパイレックスの容器の大きいサイズ(24cm×19cm×7cm)に、チーズがとろけ落ちるほどいっぱいのグラタンを作ってくれて、なかなか圧巻です。また記事にして紹介する機会があると思います。
posted by Mami & Tetsu at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | キッチンウェア>保存容器
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。