May22,2008

~23 Keramiikka ja Lasi

keramiikka1.jpg

Keramiikka ja Lasi / Arabian 100-vuotisjuhlanumero 1973

 アラビア創立100年にあたり出版された書籍。すべてフィンランド語なので、文章の内容はさっぱり分からないのですが、おそらく会社の歴史などについて書かれているのでしょうね。パラパラと写真を見るだけでも当時の雰囲気に触れられるような楽しい本です。
 Kairaの記事を書くにあたり、同シリーズの発売年を調べるために、久しぶりに開きました。この書籍自体の発売が1973年ということもあり、1963年〜1973年のプロダクト製品の章にカラー写真が多くあり、発売年の記載もあるので、当初はこれを気に入って買った記憶があります。
 あらためて今になって見てみると、プロダクト製品もさることながら、約10ページにわたるアートデパートメントの写真が興味深いです。アラビアが、いかに陶芸家をアーティストとして重要視していたのか伝わってきます。同社はロールストランドの子会社として発足し、当初はコバルトで絵付けを施した磁器やタイルを生産していましたが、デザイナーを起用した製品群により発展・独立した経緯があり、アート部門を重要視するようになったとか。表紙の青い皿とは対照的な裏表紙のカイアピネンの作品の写真は、そんな歴史を象徴的に表しているかのようです。
 掲載されたアートピースの数々は、どれも素晴らしいです。窯変が生み出す複雑な釉薬や陶肌には、日本的な陶芸の美と酷似している部分がある一方で、フォルムやレリーフ等には確実に文化の違いを感じますね。この馴染みやすさと新鮮さのバランスが、なんとも魅力的なのです。こういう感覚がプロダクトラインにも通じるところがあり、日本で北欧系ヴィンテージが支持されているのかなと思ってみたりします。
 このアートピースの章を執筆したのは、同社でプロダクトラインのデザイナーとして名を馳せたプロフェッサー カイ・フランク。フィンランドデザインの良心を称された彼が、アート部門の歴史や作品をいかに論じているのか、とても気になるところなのですが、残念ながらフィンランド語ではどうしようもないですね…。
posted by Mami & Tetsu at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨類>本

May18,2008

A Breakfast

apple_toast.jpg

ある朝食

 普段食べているトーストをちょっぴりアレンジ。
 カマンベールチーズをのせて、やわらかくなるまで焼いて、カットしたりんごをその上に。仕上げにブラックペッパーをかけて蜂蜜をたらして出来上がり!
 分厚いガラスのお皿を合わせてみました。
 意外な組み合わせかもしれませんが、いいハーモニーでしたよ♪
 いろんなチーズやフルーツでも試してみたいな。
posted by Mami & Tetsu at 16:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | ウェブログ>点景

May17,2008

#171 Kaira

kaira1.jpg

アンヤ・ヤーティネン・ウィンクヴィスト[Anja Jaatinen-Winqvist]&ペテル・ウィンクヴィスト[Peter Winqvist]デザインのアラビア[Arabia]製のティーカップ&ソーサー / Kaira

 カイラ[Kaira]というシリーズのアラビアのカップ&ソーサー。TORi(トリ) Vol.5 USED Modern Design from Finland ヴィンテージになったモダンデザインにアラビアのカップが見開きいっぱいに並んでいるページがあり、その中でもこれは好きだなぁと思っていたモノで、今年の3月の神戸骨董祭で、ハミングジョー[humming joe]さんから購入しました。これが欲しいとお願いをしていたのではなく、偶然に買い付けしてきていたモノで、いつものことながら、センスの良いモノを神戸に来てくれるお二人に感謝です。
 少しグレーがかった白地に、ブラウン・ネイビー・ブラックのライン。どのラインも落ち着いた発色で、手書きの色むらにも雰囲気があります。北欧の陶磁器の色目の良さは、その魅力の1つですね。モダンな工業製品でありながら、完全に機械化せずに手仕事の良さを残すあたりも、北欧らしいです。単にデザイン的な理由だけでなく、既存の工場ラインを活かしたり、ペインターの職を確保するため等の理由もあったとか。
 デコレーターはアンヤ・ヤーティネン・ウィンクヴィスト[Anja Jaatinen-Winqvist]。アラビアには1955年〜1974年の間、在籍しており、後期にプロダクトデザインを手掛けています。落ち着いた色遣いでも印象的なデザインをされる方で、我が家好みのモノが多くあります。旦那さんのペテル・ウィンクヴィスト[Peter Winqvist]と共にアラビアで活躍されていたことでも有名ですね。
 タイカ[Taika]やサーラ[Saara]のシリーズと同じMモデルです。フォルムデザインを二人で手掛けており、カイラのシリーズも夫婦での合作のひとつになります。
 Mモデルは1970年から製造され始めた型で、近年に人気の北欧系ヴィンテージ陶磁器類にしては、やや新しい部類でしょうか…。カイラは1972年から製造されており、このカップもバックスタンプは1975年〜1981年の間のモノだなぁと思っていたら、2客のうちのソーサー1枚だけが1971年〜1975年のモノでした。別々の時代のモノが、どこかで組み合わさったみたいですね。
 1970年代以降ですと北欧モダンの全盛期は過ぎた頃かもしれませんが、陶磁器には魅力的なモノがたくさんあります。まだまだ家庭に眠っていて、今からマーケットに出てくるモノも多いのかもしれないと思うと、ワクワクしませんか?

posted by Mami & Tetsu at 18:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器

May14,2008

Parfait

parfait.jpg

贅沢な夜のパルフェ

 グレゴリー・コレ[Gregory Collet]のアイスクリームを手に入れました。
 いろんな味がありましたが、ちょっと特別な日にパルフェを作ろうと思いました。選んだのは、バニラ・チョコ・蜂蜜の3種類。フルーツはバナナ・イチゴ・ラズベリー。アンティークのバカラの鉢にやりすぎないように盛り付けます。お気に入りのサクッとしたバールセン[Bahlsen]のバンビーニ[BAMBINI](フィンガービスケット)を添えて出来上がりました。
 アイスはクリーミーでとても濃厚。フルーツがいい感じでさっぱりして、大人のパルフェ…。かなりボリュームありますけどね。
posted by Mami & Tetsu at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ>点景
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。