Dec30,2007

#163 White Porcelain Plate

hakuji1.jpg hakuji2.jpg

白磁の大皿

 古い白磁の大皿です。モダンデザインではありませんが、最近のお気に入りの1つ。
 京都骨董祭で、あまり見かけたことがない白い器ばかりを置いているブースがあり、そこの店先に山積みにされていたモノ。
 古びた木製の引き出しを什器に使っていたり、店構えも古道具屋のような風情で、フランスのブロカントかなぁという印象。お店のお兄さんに「どこのモノですか?」と聞くと、小さな声で「ヨーロッパです。」と…。いやいや、ヨーロッパなのは一目瞭然でしょう。「どこの国のモノなのですか?」と聞きなおすと、またまた小さな声で「色々な国です。」と……。
 詳しく話を聞くと、西欧・中欧が多いようですが、国にはこだわりなく白い器を集めているとのこと。山積みの皿も同じようなサイズを集めているだけで、よく見るとカタチも質感も微妙に違っています。値段もバラバラで、基本的には古いモノの方が高いようです。
 この大皿は100年以上前のモノとのこと。年数だけで判断するならばアンティークと呼んでも良い時代のモノですが、古道具といった方が妥当かなぁ。
 見るからに使い込んであって、表面にはナイフやフォークの使用痕が無数に。細かい貫入が全体にあり、シミのような着色も。古いモノ好きでなければ、使うのに抵抗があるかもしれないぐらいの状態。
 分厚く、カタチも微妙にゆがんでいて、時代を考えたとしても上等なモノであったとは考えにくい、どこにでもありそうな白い皿です。
 それでも、この風合いがなんとも良いのです。古道具類には、キズや汚れと共に歴史が刻まれ、新しいモノにはない独特のオーラがあるように感じます。デザインがどうこうという観点とは違う、人を魅了する力を持っています。
 世の中には白い皿は数多くありますが、これ一枚で絵になるような白い皿というのは、なかなか出会うことがないものです。特に、こういう味わいのあるモノは、経年劣化に無縁の近代製品ではなりえないので、希少な存在です。
 良いモノを仕入れてきてくれた小声のお兄さんに感謝しなくては。
posted by Mami & Tetsu at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器

Dec24,2007

Fondue au Fromage

fondue_au_fromage.jpg

クリスマスの定番

 我が家のクリスマスの定番。それは自宅でのチーズフォンデュパーティです。いつからはじめたのか覚えてないけれど。
 最初のころは、街に出てレストランに行っていました。でも、クリスマス限定ディナーとかで、料理も選べなかったり、3交替で時間をきられたり…仕方のないことかもしれないけど、それなら大好きな家のダイニングで、落ち着いたスローなクリスマスを過ごせないかなぁと思いました。
 チーズフォンデュもいろいろと試しましたが、最近はシンプル・イズ・ベストにたどりつきました。フォンデュするのはフランスパン・ポテト・ソーセージ。その年の気分で魚介か生ハムなどを使ったサラダと、あわせで小さなローストビーフを焼いたりします。
 食卓はとても穏やかで、毎年同じようだけど、食器を違えてイメージを変えたりして食事を楽しみます。写真は去年の様子です。
 食後はソファーに場所をうつして、もう少し飲んだり、ケーキやデザートを食べたり…。そうして流れていくクリスマスが今はとても好きで、大切に感じています。
 みなさんも素敵なクリスマスを。Merry Xmas☆
posted by Mami & Tetsu at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ>点景

Dec23,2007

^37 Holy Wishes

holy_wishes.jpg
click me to go Amazon


ホリー・ウィッシィズ[Holy Wishes] / ヌーン[Noon]

 昨年発売のヌーンのクリスマスアルバム。
 ヌーンらしく、優しくて穏やかな雰囲気で満ち溢れています。まるで暖炉が家にあるようなゆっくりと温かいクリスマス曲集。
 クリスマスはワイワイとにぎやかにという方には、物足りなく感じるかもしれませんね。でも、パーティー前に自宅で一人コーヒーを飲む夕方や、食後にリラックスしながら残ったワインをゆっくりと飲む一時など、場面に合わせて、こういう一枚があると落ち着きます。
 ヴォーカル主体なので聞きのがしがちですが、参加ミュージシャンの演奏も素晴らしいです。一流のプレイヤーは目立ったことをしなくてもセンスを感じさせるなぁと思い知らされますね。
posted by Mami & Tetsu at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音ネタ>音楽

Dec17,2007

#162 Xmas Ornaments

xmas_ornaments.jpg

クリスマスツリーのオーナメント

 ワラでできたストローオーナメントとおまけのフェルトのトナカイを紹介します。
 ストローオーナメントは、クリスマスツリーの飾りとしては、とても伝統的なモノです。金色の玉などで飾りらしく仕上げてあるモノもありますが、ワラと赤い糸ぐらいの簡素なつくりのモノが大半。家で手作りというのがもともとのようです。他にも、スウェーデンのワラ製の山羊(ユールボック)なども有名ですよね。
 ワラは手に入れやすい素材だったというだけでなく、キリストが家畜小屋で降誕し、飼い葉桶に寝かせられたことから、クリスマスを祝うための大切な素材と考えられています。
 キラキラ・ピカピカの飾りつけとは正反対の素朴さですが、温かみがあって、意外に存在感があります。自宅で過ごすスローなクリスマスには、こういう優しい雰囲気が似合いますね。
 こういったモノを好んで手作りされる方もいるようですが、我が家はキャトル・セゾン[quatre saisons]で買いました。普段はあまり近づかないキャトル・セゾン[quatre saisons]やアフターヌーン・ティー[Afternoon Tea]といった店ですが、クリスマスシーズンには魅力的なアイテムが沢山あるように感じます。フェルトのトナカイも、うっかり気に入って買ってしまいました。
 一番の問題は、我が家にクリスマスツリーがないということでしょうか。ここ数年は部屋にあるガジュマルをクリスマスツリー化するのが恒例となっています。多幸の木なのでハッピー感も2倍でいいかなぁ…なんて言ってきましたが、調子に乗ってオーナメント類を増やし続けていると、室内の観葉植物を全部ツリーにする日がやってきそうな気が…。
posted by Mami & Tetsu at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 置物>オブジェ

Dec13,2007

#161 LA Plate

la_1.jpg la_2.jpg

スティグ・リンドベリ[Stig Lindberg]デザインのグスタフスベリ[Gustavsberg]製の皿 / LA

 リンドベリがデザインしたLAモデルのプレート。絵柄等もなく、スッキリとしたデザインで、パッと見にはカイ・フランクあたりかと思わせますが、リンドベリらしさが隠れています。
 LAモデルのプレートの特徴である三角のカタチ。普通の丸皿ではなく、緩やかなカーブの三辺があります。皿のカタチは丸でなくてもいいはずだと、リンドベリらしい自由な発想で作られた三角の皿は、実用性を考えて丸皿との中間点のようなフォルムデザインに仕上げられました。
 この曲線のバランス感が何とも素晴らしく、シンプルな皿を表情豊かにしています。また、少しだけ深さがあるので曲線が垂直方向にも影響し、縁周りのラインを揺らがしています。どことなく曖昧な雰囲気には手作業の陶器の趣に通じるところがあるように感じます。
 釉薬の色目も上質です。水色なのに、とても落ち着いた雰囲気で、この味はPCの画面では伝えられないだろうなと思うほど。同じカタチでパターンを施されたモノもあるようですが、よく見かけるのは水色や黄緑の単色のモノで、コロラドシリーズに近い彩色なのかと想像します。
 この頃に作られた北欧系のテーブルウェアにしては薄いつくりですね。薄手の磁器やストーンウェアはシャープで冷たい印象になりがちですが、このプレートの優しげな雰囲気は、カタチと色目のなせる技なのでしょうね。
 実用的で使い勝手が良く、なにかと活躍しています。リンドベリにしては値段も手頃ですし、色モノの食器が欲しいけど、派手なモノはちょっとという方には、特にお奨めです。

Memo:
 スティグ・リンドベリについては#2 Spisa Ribbで詳しく書いていますので、そちらを参照してください。
posted by Mami & Tetsu at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。