Feb18,2006

~2 Hans J. Wegner's 100 Chairs

Hans J. Wegner's 100 Chairs
click me to go Amazon


ハンス・ウェグナーの椅子100[Hans J. Wegner's 100 Chairs] by 織田憲嗣

 ウェグナーのソファの記事のMemoで紹介したことのあるこの本。お気に入りの一冊でして、せっかく本のカテゴリーを作ったので、一つの記事として再掲します。
 題名どおり、ウェグナーがデザインした100脚の椅子が写真付きで紹介されています。ウェグナーは500種類以上の椅子をデザインしたとも言われていますので、その功績を全て網羅するレゾネ的なものにはなりませんが、このデータのボリュームと精度は驚異的です。
 日本の本ですが、写真とそれに付記される製作年・型番・サイズ・重さ・材質は英語圏の方でも分かるため、現地バイヤーが資料として活用していると、タイムレス[TIMELESS]さんで話を聞いたことがあります。その後、実際にeBayで取引されているのを見かけたこともあります。たしかイギリスからの出品でした。
 ただし、資料的な価値はこの本の完成度の高さから附随したモノであり、ウェグナーのデザインの素晴らしさ、ウェグナー自身のデザイナーとして、職人として、そして人間としての素晴らしさを伝える本だと思います。押し付けるように語るのではなく、静かに、黙々と椅子を紹介することによって、見る者がその素晴らしさを実感できるような、そんな本です。
 100脚の椅子を通して見えるウェグナーの美観。彼自身が日本の工芸家に親近感を持っていると語っていますが、同様にして彼のデザインに親近感を持っている日本人も多いのでしょうね。少なくとも私はウェグナーの椅子の数々に、ある種の安心感のようなものを感じます。なにか共通点があるのでしょうね、きっと。それが何かはハッキリとは分かりませんが、この本の100脚の椅子の写真を眺めていると、そんな感覚が自分の中にあることに気づきます。
 ストイックで職人的な姿勢にも惹かれますね。これほどまでに才能に溢れているのに、謙虚で紳士的な人物なのだと想像します。
 あぁ、やっぱりウェグナーはいいなと、そんな当たり前なことを再認識させてくれる良書です。


posted by Mami & Tetsu at 18:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑貨類>本

Feb15,2006

*36 E.H Bank

eh1.jpeg eh2.jpeg eh3.jpeg

E.H バンク [E.H Bank]

 今回は旧居留地のカフェレストラン「E.H バンク」のご紹介。
 ここの一味違うところは、わりとよくある、倉庫を改装しましたなんてノリじゃなく、チャータード・バンクを改装しちゃったところ。E.Hの略はアーネスト・ヘミングウェイ。彼が愛したハバナをイメージしているそうです。日本ではないゴージャスなホテルのロビーのような吹き抜け具合い。そんじょそこらではお見受けできません。銀行だった頃のなごりをいかした回転ドアーや重厚な作りは目を奪われます。使ってあるフアブリックもウイリアムズ・モリスやそれっぽいモノで雰囲気よし。
 我が家はティータイムに利用しました。Tetsuはカフェラテ、Mamiは気になってしょうがなかったクリームティーのストロベリーを。これ¥800円もしたんで悩んだのですが、Mamiはミルクティーとイチゴ好き。飲まずに帰ることはできませぬ。それと半分このクレームブリュレ。ケーキは時々で8種類ほどありますね。
 さて、来ました。カフェラテは普通。でもラテだからもう少し量があってもいいかなーと。クリームティーはポットと共にサーブされました。とてもミルキーな甘い香りに満たされます。まずは一口。あー心休まる味です。リラックス〜って感じ。かっなりミルク色してておいしいのか?と思いながら飲みましたが、すごくストロベリーを感じられました。これはお気に入りかも。カップに3杯ぐらいありましたので、値段もまぁそんなもんかな。
 ほんとにここは天井が驚くほど高く、開放感ありまくりですのでゆったりできます。そしてすごいのはトイレ!!までの道のり(笑)席をたって、銀行のルパン三世があけるような、分厚い金庫のドアを通ります。そこから歩くこと何歩ぐらいかな?Mamiの席からは80歩以上かかりました。立派な廊下があって、やっとトイレです。まぁトイレはスタイリッシュな普通のトイレなのでご安心ください。
 かかっている音楽はジャズよりのフュージョンっていうんでしょうか、スケールの大きい感じが似合っていました。オーセンティックな感じと今が同居している居心地よしの場所です。またしても大丸族、旧居留地ショッピング族にも愛されているようですよ。
 一つ気になったのは、ハコはそこそこ広いんだし、スモークとノースモークをわけてくれればなぁと。我が家は吸いませんので勝手言ってますが。最近癒し系カフェなどは特に店内禁煙や分煙がされてますよね。まぁ、喫煙族のみなさんにも居心地はいいでしょうね。雰囲気的にはタバコも似合う感じですけど。
 場所は神戸市立博物館の南側の方、LL.BEANがあるブロックの南西角。2国沿いですので車から見かけたことがある方も多いのでは。
posted by Mami & Tetsu at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(2) | グルメ>カフェ

Feb07,2006

#94 Cinderella Bowl

pyrexball.jpeg

オールドパイレックス[Pyrex]のシンデレラボール

 オールドパイレックスのミキシングボール。定番的なカタチで、シンデレラボールと呼ばれるアイテムです。
 なぜ、シンデレラと呼ばれているのか知らないのですが、素敵な名前ですね。どなたか名前の由来についてご存じないでしょうか?
 ロマンチックな名前とはうらはらに、アメリカっぽい合理的な機能性を持ち合わせています。
 耐熱ガラスなので熱いモノをいれたときに持ちやすいようにハンドルを付けてあり、このハンドルが大・小の大きさ違いの注ぎ口になっています。例えばバターをいれてレンジで溶かし、小は注ぎ口として使い、大は平べったく持ちやすいようハンドルに。もしくは、パンケーキ・ミックスを入れてグルグル混ぜ、ねっとりしたモノを流し出すのには大きな注ぎ口が便利、なんて具合にね。日本でしたら、鍋の締めでつくる雑炊の玉子を溶いて流すのにいいかなぁ…。
 また、何種類かのサイズ違いがあり、スタッキングできるように作られています。こういうカタチのモノはハンドルがジャマになって、うまく重ねられなかったりするのですが、シンデレラボールはピッタリと納まるようにデザインされています。うーん、合理的。
 同じカタチで多彩な色柄のバリエーションがあり、人気の柄や状態が良いモノ、サイズ違いがセットになっているモノなんかが高値で売られていますね。
 こちらはラスベガスのアンティークモールで買ったモノ。よくあるポップな色目やキュートな柄でなく、落ち着いた色目のブラウン一色が我が家好み。細かい当たりがチョコチョコとあり、表面のペイントがところどころ削れちゃっています。良いコンディションとは言い難いですが、日常的に使うのには十分ですね。現地ではもっとボロボロのモノも多数売っていました。自分の納得できるコンディションと値段のバランスを見て選べるのが嬉しいです。
 コンディションの良し悪しに関係なく送料は同じなので、これぐらいの手頃なモノが日本ではなかなか流通しないのが残念です。ラスベガスから帰ってきた後にeBayで買えばどうだろうと思って見たこともありますが、重量があるので結構な送料がかかります。それでも日本人バイヤーも多くいるようですね。送料を合わせても日本で買うよりは割安なのかなぁ。まとめ買いして船便で送ってもらったりしているのでしょうか。なんか現地の価格を見ているだけに微妙な気分です…。
 仕事でアメリカへ定期的に出張して、ついでに買い物が出来るような人がうらやましく思えます。まぁ、実際そんな仕事をしていたら、仕事の方がしんどそうですが…。

Memo:
 パイレックスについては#70 Pyrex Magで詳しく書いていますのでそちらを参照してください。
posted by Mami & Tetsu at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | キッチンウェア>調理器具

Feb04,2006

#93 Kitchen-board

grafkitchenboard.jpeg

グラフ[graf]製の食器棚

 我が家の食器棚です。もちろん二人で何年にも渡って集めた食器がこれ一つに収まる訳もなく、これ以外に飾り棚付キャビネットとリビングボードを合わせた3つの家具で食器類を収納しています。今回は、その中でもいわゆる食器棚らしいこちらを紹介。
 今の家に住み始める時に買ったモノなのですが、その時は既に結婚してから5年ほど経っていたので、前の家から持っていったモノとの兼ね合いがありました。カウンターキッチン内の限られたスペースに冷蔵庫とゴミ箱を置いて、残った空間に適度に収まりながら、なおかつ、大きめのオーブンレンジが置けて、壁面のコンセントも利用できるようにして、さらにカッコいいモノがいいなぁと…。
 そんな都合のいいモノありませんよね。で、作ってもらうことにしました。
 頼んだのは大阪にあるgrafさん。とても有名なお店ですよね。デザイナー集団なんて呼ばれており、家具やカトラリー、照明器具のデザインや、店舗内装デザインなど様々な活動をしています。オリジナルの家具はサイズの変更が可能で、また、完全別注もできます。少々、お値段はかかりますが、全ての要望を満たすため思い切りました。まあ、当時はマンションの購入費用やら引越しやらで、若干金銭感覚がマヒしていて、勢いがあったこともありますが…。
 大体の大きさをイメージするために大雑把なスケッチを持っていき、当初は既製の棚の大きさを変更してもらおうかなと思っていたのですが、ほぼスケッチどおりのモノを作ってくれることに。
 grafさんは親切な対応でしたね。もっと気取っていそうなイメージだったので、ちょっと意外でした。今でも同じなのか知らないのですが、家具を運んでくれるときに、業者さんじゃなくて出来るだけ自分達で行くようにしているらしいです。しかも、配送要員ではなく、本気で作っている人が家にやってきます。
 たまたま、この棚を注文した少し後に、別のモノを届けに我が家へ来ることがあったので、実際に置く場所を見ながら棚のことを相談できました。素材の見本を持って来てくれていて、リビングボードや家の内装等を見ながら、素材はチークのこの辺の色目がいいかななんて話ができました。ちなみに、我が家のリビングボードには興味を持ったみたいで、これ良いですねなんて言いながら、全然関係のないリビングボードの話に花が咲いたりして、家具が大好きなんだろうなぁって感じの方々でしたね。
 grafの家具というとオイルフィニッシュの印象が強いですが、水まわりの至近距離に置き、オーブンを使うことも考えたら、ウレタン仕上げの方が良いのではと提案があり、ウレタン塗装にしました。また、大量に食器を持っていてガンガン詰め込む話をしたところ、普通はこれだけ幅があると中央に間仕切りのような板を一枚いれるらしいのですが、それは避けたいと言うと、棚板の厚みを増して強度を保つようにしてくれました。
 こうして、色々と相談した結果、完成したモノがこちら。当然、サイズはピッタリでオーブンレンジも納まります。なにより、カッコいいです。通常grafさんが取り扱っている食器棚より角張った印象ですが、我が家のリビングボードとの相性も良く、好みの雰囲気。アクセントとなっているローズの取っ手もお気に入りです。
 このデザインと機能性、納得の出来上がりです。思い切って作って良かったです。
posted by Mami & Tetsu at 21:02 | Comment(8) | TrackBack(0) | 家具>家具

Feb02,2006

沖縄本島へ行ってきました

sakura.jpeg okinawaharu.jpeg

沖縄本島へ行ってきました

 1月27日はMamiの誕生日でして、その日に合わせて沖縄本島へ行ってきました。
 ちょうど桜の季節で、誕生日に満開の桜が見られるという幸運に恵まれました。
 沖縄の桜は緋寒桜(または寒緋桜)という種類で、本土の桜とは少し雰囲気が違います。赤みが強く、濃い色合いで、遠目には桃や梅の花に近い印象。
 はっきりとした色が山裾に広がる光景は、とても美しく一見の価値ありです。
 写真は名護中央公園の桜と恩納付近の海です。
 ブログ関連としては、定番的にやちむんの里で読谷山焼を、グラチッタ[glacitta']さんでガラス器を数点買いました。また、今回は初めて清天工房さんへ行ってきました。
 買ったモノ達は記事にしてボチボチ紹介していきますので、お楽しみに。
posted by Mami & Tetsu at 12:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | ウェブログ>つれづれ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。