Jan19,2006

*34 ringo

ringo1.jpeg ringo2.jpeg ringo3.jpeg

リンゴ[ringo]

 さて今回はうっかり発見したカフェの紹介です。うろうろしていたら、おっと思う看板を見付けて、今度行こうと思っていたら、雑誌にも載っちゃいました。「ringo」です。
 全面ガラス張りで中の様子もうかがえます。あやしい人みたいなので、いざ店内へ。めちゃゆったり〜。4人席が6つにカウンター。ソファーになってる所は3人掛け出来そうでしたけど。とにかく、空間を贅沢に使ってあります。雰囲気はシンプルなモノトーンを基調に、直塗りの壁やコンクリート打ちっぱなしの床だったり。NYかLondonにありそうな感じですかね。
 広々とした4人席について待っていると、メニューをもってお兄さんが来てくれました。オーダーは寒かったのでMamiはホット・チャイを。Tetsuはコーヒー。そして定番のケーキ半分こ。手作りのわりと定番的なケーキの中に、おやっ??《Mr.A氏のチーズケーキ》というのがあります。オーダーを聞きにきてくれたので「これには何か秘密が…?」と聞くと「パティシィエの方に教えてもらったんですけど、名前は出さないでと言われたので…、しっとりしておいしいですよ。」と言われたらねー。「じゃ、それ。」ってなりますよねー。
 少し待つと、やってきました。チャイはスタイリッシュかつかわいいセットで。おいしいですね。飲みやすい感じでスパイスはあまりきつくありません。スパイスの効いたチャイ好きの方には物足りないかもしれません。Mamiはもうちょっとスパイシーでもよかったかなと。ケーキはデカイ!!2人で十分食べられます。しかも、やっぱりかなりいけました。しっとり濃厚なNYチーズケーキ風ですね。
 南京街の外れなので観光客の皆さんには気付かないみたいで、ガラス張りですが人通りは気になりません。とてもゆったりした時間のお茶でした。
 ランチも夜のアラカルトもやっています。ランチは4時まで食べられていいですね。ランチは4種類くらい黒板に書いてありましたが、日替わりがほとんどだそうです。夜もアラカルトを毎日変えて営業されているということでした。すごいなぁ。そのうち定番化するメニューも出てくるんでしょうね。でもほんと、毎日変えるのは大変そう…いつ行っても同じなら飽きちゃいますけどねぇ。夜のBAR使いもきっといい感じだと思いました。
 場所は南京町の西側の一本南の細い道沿い。路地を覗くと遠目に写真に写っている看板が見えますので、すぐ分かると思いますよ。


posted by Mami & Tetsu at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>カフェ

Jan15,2006

^25 Coast to Coast Motel

coast to coast motel
click me to go Amazon


コースト・トゥ・コースト・モーテル[Coast to Coast Motel] / G.ラヴ & スペシャル・ソース[G.Love & Special Sauce]

 今回は少し趣を変えてG.ラヴを紹介。売れ線ですので、知ってる方も多いでしょね。
 いろんな要素が混ざっているので、ひとくくりには何系とは言いがたいですが…、ブルース、ジャズ、ファンク、ヒップ・ホップあたりを取り込んだ、ブルース・ポップスぐらいに表現されることが多いでしょうか。
 スティールギター、ウッドベース、ドラムといった、アコースティックな楽器によるパフォーマンス。アナログな音調がかなり好みです。
 イメージ的には、西海岸あたりをバカでかいオープンのアメ車でドライブする時にラジオから流れてくるような感じ。
 何枚かあるアルバムはどれも好きなのですが、個人的に一番好きなのがこちら。気を抜いたノリ、ブルースのルーズ感、全体にアメリカっぽく、彼等のルーツとなった音楽の色が強く残っている作品が多いように感じます。
posted by Mami & Tetsu at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音ネタ>音楽

Jan11,2006

#91 Star Mag

hoshimag.jpeg

星柄のマグカップ

 星柄のパターンが可愛いマグカップ。生成りのようなベージュ地にネイビーの星が散りばめられています。スタンプを押しているのかな…、色むらやにじみのある星が、とても優しい雰囲気です。温かみのある風合いは、寒い冬に熱いコーヒーを入れてホッと一息つきたい時に最適です。
 クリスマス頃に紹介しようと思って写真を撮ったまま、新年になってしまいました。もともとクリスマス限定マグという訳ではないのですが、星柄のパターンはクリスマスにお似合いですよね。
 以前にりんごのケーキの記事で「休日の3時のおやつ気分で幸せな気持ちになれるのはイイホシさんのマグです」と書いていますが、器には気分を変えてくれる力があります。いつも出勤前にコーヒーを飲むのに使っているマグはまた別にあり、こちらもお気に入りなのですが、毎朝使っているモノなので、どうしても仕事の日の雰囲気になってしまいがち。休日や夜にゆっくり飲む時には別のカップを選びます。同じコーヒーのはずなのに、不思議と気分が変わります。オン・オフでの使い分け、シーズンに合わせたモノなど、そのシーンに応じて器を選ぶと、その場の空気や時間の流れまでが変わるように感じます。
 このカップは大分前にムッチャンに買ってきてもらったモノ。もともとムッチャンが持っていて、同じモノが欲しいなと思っていました。まだムッチャンも神戸にいた頃で、仕事で福岡へ行った時にコンランショップで買ってきてくれました。コンランショップといえば、昨年12月に名古屋店がオープンしましたね。大阪進出の噂も一時期あったようですが、やっぱり名古屋の方が景気いいのかなぁ。これで国内4店舗目なのに関西圏からは微妙に遠い存在のお店です。
posted by Mami & Tetsu at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器

Jan07,2006

#90 Bondolfi Creamer

hanaji1.jpeg hanaji2.jpeg

ボンドルフィ[Bondolfi]のクリーマー

 コーヒーはブラック派の我が家にあまり必要のないアイテムなのですが、以前にも何回か書いたようにMamiはこういう注ぎ口があるモノが大好きで、クリーマーのコレクションも充実しつつあります。
 まあ、クリーマーといっても液体でしたら何でも入れられるので、我が家ではシロップやソース類、ドレッシングなどを入れたりして、本来の用途以外で活躍することも多いです。こういったモノをいちいち容器に移すのは、めんどうくさいという方も多いかもしれませんね。Tetsuはわりとめんどくさがり派です。でもMamiはこういうことに手間を惜しまないので、食卓が優雅になります。ちょっとしたことなのですが、家の食卓がレストランやカフェのようなあか抜けた雰囲気に。
 こちらはイタリアの老舗コーヒー店ボンドルフィ[Bondolfi]のグッズ。プリントされているのは同社のマスコット、ニッコリと笑いながら鼻血を流す「鼻血くん」です。ウソです。鼻血ではなく、カップから立ち上がるコーヒーの香りを嗅いでいるところで、本当の名前はカプッチョーネくんといいます。でも、我が家ではやっぱり鼻血くんで定着しちゃっています(笑)
 両側にプリントされており、片方は同社のコーヒーの商標名でもあるboncaffeのロゴ入り。こういう企業のキャラクターグッズやノベルティー、アドマグなども結構好きです。異国っぽいレトロなパターンや、欧米企業のブランドイメージが心をくすぐりますよね。これまで紹介してきた食器類からすると意外と感じますでしょうか…。でも、アソビっぽいモノを混ぜるのも良いですよ。このクリーマーも棚のアンティークやヴィンテージ類の中に置いちゃっています。好きなモノは自分流にMixです。
 買った場所は栄町にあるチェドック[CEDOK]さん。チェコを中心とした東欧グッズを主に扱っており、商品も店のお兄ちゃんキャラも共に面白い一押しのお店です。この品揃えの中になぜイタリアのコーヒー屋のキャラクターグッズがあるのかは不明ですが…。このキャラクターが好きだったのか、それとも、ただのコーヒー好き?
 このシリーズはクリーマーのほかにもカップ&ソーサーやペーパーナフキンホルダーなどの色々なアイテムがあるようです。実はこのクリーマーのパターンはひとつ前のデザインで、今あるモノとは少し違います。こっちのデザインの方が好みですし、今はもう作っていないと聞くと少し嬉しくなりますよね。
 先日チェドックさんへ行った時に、これの話をしていたら、実は最近は入荷がないらしいです。イタリアで生産が止まっているらしく、もしかしたらデザインがまた変わるかもしれないとのこと。日本人的な発想だと、次々にデザインを変えて購買意欲を高める戦略かと思いますよね。でも、あっちの人は、訳分からないのですが、いきなり前のデザインに戻しちゃったりすることがあって、ぬか喜びになるかもだって…、オイオイ。
posted by Mami & Tetsu at 09:54 | Comment(2) | TrackBack(1) | テーブルウェア>陶磁器

Jan05,2006

*33 レストラン みやす

miyasu1.jpeg miyasu2.jpeg miyasu3.jpeg

レストラン みやす

 今回は久しぶりの肉です。しかもステーキ!!「レストラン・みやす」です。Tetsuの誕生日に食事に行くことになり、「何が食べたい?」って聞くと「肉!!!」と元気に言うもので。
 さて、電話で予約。何か気のせいかちょっぴり怖い雰囲気〜。時間厳守でということで、まだ時間はあったんですが、場所チェックに。おぉ、なんて入りにくそうなんだ。レトロなドアの前にはでっかい字で《当店はクレジットカードはお使いになれません》キャッ。ここは昭和34年創業らしいです。うーん老舗。当初は洋食屋さんだったとか。
 さあ時間です。行ってみよう!!まず入ったところでマダムにコートを預けます。我が家の席はカウンターでしたので、荷物も預けました。そして席につきます。なんかカウンターの真ん中に怖そうなにらみをきかしたおじさんが…いや、シェフやって。メニューを持ってきてくれたホールマスターはやさしそうでわかりやすい説明でした。ホッ。続きを読む
posted by Mami & Tetsu at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>その他
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。