Nov07,2005

^19 A Lover's Concerto

unforgettable
click me to go Amazon


ラヴァーズ・コンチェルト〜サラ・ヴォーン・ベスト[A Lover's Concerto - Sarah Vaughan Best] / サラ・ヴォーン[Sarah Vaughan]

 前回のナタリー・コールと同様に友人の結婚パーティーBGM用に引っ張り出してきた昔のCDからサラ・ヴォーンを紹介。
 定番のラヴァーズ・コンチェルトが神戸北野の洋館でのウェディングにハマるかなと思って選んだモノ。自分が好きな曲でもありましたしね。もともと有名な曲ですが、少し前に竹内結子が主演した『不機嫌なジーン』というドラマの挿入歌として使用されていたので、ご存知の方はとても多いと思います。いい曲ですよね。
 私が持っているCDは高校生の頃に買った安いベスト盤でもう売っていないので、今回紹介するCDは新たに探しました。さすがにサラ・ヴォーン、Amazonで検索したら、ものすごい量がヒットします。ラヴァーズ・コンチェルトを含むベスト盤という条件でもいくつかあったのですが、私がイメージするサラ・ヴォーンに近いモノを多数収録しているのが今回紹介する一枚。マーキュリー時代のベスト盤ですが、時期的にドラマに併せて発売したモノのようです。
 女性ジャズ・シンガーの御三家の一人と呼ばれることのある彼女ですが、Jazzだけでなく、ポップス曲をアレンジして、あの独特の粘りのあるパワフルな声で歌い上げる姿が印象的です。このベスト盤にはJazzのスタンダードナンバーに加え、ムーンリヴァーやイエスタデイなどのポップス曲も収録。どの曲も彼女の色に染まって、ジャンルを超えたひとつの世界です。定番曲が多いので聴きやすいですし、こういうベタな曲こそ歌い手の魅力がでますよね。
 このアルバム、なぜかAmazonが破格値で売っています。思わず自分も買いなおそうかと考え中のリーズナブルな一枚(笑)

■追記(2005/11/19)
 さっきAmazonを見たら普通の値段に戻ってました。あの破格値は何だったのでしょうか…?期間限定??よく分かりませんが買っとけば良かったなー。


posted by Mami & Tetsu at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音ネタ>音楽

Nov05,2005

#79 Mixing Bowl

firekingmixingbowl.jpeg

ファイヤーキング[Fire-King]のミキシングボール / Swirl Mixing-Bowl Ivory

 ちょっとバタバタしているうちに、あっという間に日が過ぎて行きますね。ラスベガスへ行ったのも1月以上も前になります。買った時のことをドンドン忘れていってしまいそうなので、しばらくラスベガス購入モノを紹介しようかと考えています。
 前回に引続き今回もファーヤーキングを紹介。定番的に見かけるSwirlという渦を巻いたようなモールが施されているシリーズのミキシングボール。日本でもジェダイのモノをよく見かけますね。こちらのカラーはアイボリーです。光を取り込んで色づく乳白色は温かみがあり、とてもいい雰囲気です。ちょっと大きくて重たかったですが、持って帰ってきたかいがあります。
 買った場所はRed Rooster。同じモノをいくつか見かけましたが、それぞれ微妙に値段とコンディションが違い、あっちが良かったかなー、こっちが良かったかなーと迷路のような店内をウロウロさまよいながら探して選んだモノ。
 Red Roosterのゴチャゴチャ具合は、とってもモノを探しにくい反面、掘り出し物を発掘するぞーって気になりますね。以前にアンティークモールを紹介したときに『常設されているので人の目にさらされている期間が長く、フリマのような単発イベントに比べると、いいモノを安く買うことは難しそうです。』と書きましたが、このモールだけはゴチャゴチャの中に宝が眠っていそうな期待感があります。ガラクタも山盛りですけどね。実際に#48 Teak Serving Trayで紹介したダンスク[Dansk]のチークトレイと同じモノを破格値でゲットしました。自分が日本で買った値段の10分の1以下だったので、嬉しい反面、微妙な気分でもありましたけど…。帰ってから比べると木目が日本で買ったモノの方が良かったので、ラスベガスのモノはヤフオクで売っちゃいました。さすがにオークションなので10倍の値段でという訳にはいきませんでしたが、少しはカジノで負けたお金の足しになったかな…。

Memo:
 ファイヤーキングについては#72 Fire-King Refrigeretorで詳しく書いていますのでそちらを参照してください。
 
Tips:
 前回はFlamingo Road Antiquesへの行き方を詳しく書きましたので、今回はRed Roosterへの行き方を紹介します。続きを読む
posted by Mami & Tetsu at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | キッチンウェア>調理器具
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。