Nov30,2005

*30 ふなまち

funamachi1.jpeg funamachi2.jpeg

ふなまち

 今回はまた西へ…、明石焼きを食べに行きました。「ふなまち」です。というのも結婚パーティーで東京から帰って来てたムッチャンは大の明石焼き好き。たこ焼きよりも明石焼きっていうほどです。Mami&Tetsuが、ここおいしい!!と思って最近行きだしたところにムッチャンをぜひにと連れて行ったんです。
 明石焼きは、その名の通り明石発祥。地元では玉子焼きとも呼ばれています。駅周辺から魚の棚、離れたところまで、明石焼き屋さんがいっぱいです。みんな、その中から自分の好みを見つけていくわけです。その中でも「ふなまち」はもともと明石に住んでる人に人気が高いお店です。冷めてもおいしいと評判。
 お店は小さいです。テーブル席で相席して8人がいっぱいぐらい。しかも古くて年期入りまくりです。
 お味のほうは…、やっぱりおいしい!!ムッチャンも大満足してくれました。持ち帰りの方もたくさんいますが、おすすめは店内で食べるほうですね。表面がカリッとこんがりして、中はふわふわ。ここはおだしは冷たいのでやけどはあまりしません。その配慮なのに、やけどしているTetsu…。途中からは明石焼きにソースを塗ってから、おだしにつけて食べます。これがまたおいしい。地元の食べ方みたいなんですが、2度おいしいです。気持ち悪いと思われるかしら?ここのは玉子とダシのブレンドがしっかりと味がついてて、ソースをつけても明石焼きの感じはちゃんと残ります。
 最初の頃、知らずに12時に何気なく行くと、店の外にちらほら待ってる人はいたんですが、中に入って聞いてみると、おばちゃんたちが必死のハシさばきで焼いており、1時間待ちとのこと。恐るべしです。なので、店内でも持ち帰りでも、電話予約は必須ですね。今回は予約もばっちりで、スムーズに腹ペコだった3人は4枚(20×4個)をぺろりとたいらげました。
 ちょっと駅からは遠いです。歩いて20分ぐらいでしょうか。魚の棚の西端からもう一本西側、明石郵便局がある筋を海側へ。浜国(718号線)を越えて更に南下し、岩屋神社の手前にあります。
posted by Mami & Tetsu at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>その他

Nov29,2005

^21 California Dreaming

california dreaming
click me to go Amazon


夢のカリフォルニア[California Dreaming] / ウェス・モンゴメリー[Wes Mongomery]

 ジャズ・ギターの特集やコンピレーションといえば必ずと言っていいほど名前が挙がる名プレーヤーのウェス・モンゴメリー。
 オクターヴ奏法と呼ばれる独特の音色のソロが印象的です。メロディーラインを1オクターヴ上もしくは下で同時に弾くだけなのですが、フルアコ特有の温かい音質が一層の厚みと丸みを帯びます。
 バップ系のいわゆるJazzの分野でも相当に定評が高い方なのですが、一般の方が良く耳にするのは60年台半ばぐらいから発表されたポップスのインストゥメンタルが多いかと思います。売れ線好きの私は、やっぱりこっちが大好きなのですよね。
 今回紹介するのは、そんなポップスのインストアルバム。アルバムのタイトルにもなっている一曲目の夢のカリフォルニアを聴けば、オクターブ奏法のとりこになること間違いなしです。ゴージャスなオーケストラをバックに紡ぎだす美しい旋律は、聴きなれたポップスのメロディーのはずなのに、別モノのように上質です。
 ちなみにこちらは限定版の紙ジャケ仕様です。60年代の雰囲気がムンムンとするジャケットデザインには紙ジャケが似合います。
 家で過ごすことが多くなる寒い冬にBGMにしたい、温かくて聴き心地がよい一枚。
posted by Mami & Tetsu at 19:25 | Comment(2) | TrackBack(1) | 音ネタ>音楽

Nov26,2005

イイホシユミコさんの作品展に行ってきました

Mr.jpeg

イイホシユミコさんの作品展に行ってきました

 ちょっと報告が遅れましたが、先日お知らせしていたViVO,VAさんで催されたイイホシユミコさんの作品展に行ってきました。
 11月11日からだったのですが、都合が悪かったたため3日目の11月13日へ行きました。1日目と2日目でかなりの人が来たらしく、既にsold outが続出でした。sold outのモノでも受注してほぼ同じものを作ってくれるらしいので、ホッとしたのですが、なんとイイホシさん本人が2日目まではお店にいらしたとこのと。1日早かったらお会いできたのに…、とても残念です。
 展示会の方は予想以上の作品の量。我が家が持っているマグカップ小物入れのシリーズ以外にも、お皿やボール、ポット等もあり目移りしまくりでした。壁一面に並べられた微妙に大きさやカタチの異なるポット達は壮観でしたよ。で、色々と買い込んでしまいました。
 買ったモノは開催中はお店に展示しておいて、終わった後に送ってくれました。ちょうど2日ほど前に我が家に届いたのですが、箱を開けてみてビックリ!イイホシさんからの小さなカードが入っていて、中にはメッセージが。なんと、このブログを見てくれているらしいです。文面からも人の良さが伝わってきます。二人して感動してしまいました。あー、会いたかったなー。
 展示会の様子を写真に撮っておけば良かったのですが、買物に夢中になり過ぎて撮るのを忘れてしまいました…、トホホ。ですので今回の写真は、我が家が以前から持っていたマグとシュガーポットと今回買ったモノ達をあわせて、F氏の食卓ならぬ「Mami & Tetsuの食卓」です(笑)
 それぞれのアイテムは、また一つずつ紹介していきますね。写真に写っているモノ以外にも、sold outだったため作ってもらっているお皿もありますので、お楽しみに。
posted by Mami & Tetsu at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 街ネタ>イベント

Nov25,2005

#83 Pyrex Refrigeretor

sand.jpeg

オールドパイレックス[Pyrex]の保存容器

 ラスベガスのアンティークモールで買ったオールドパイレックスです。
 #72で紹介したファイヤーキングと同様にリフリジレーターと呼ばれるシリーズで、冷蔵庫で使って、そのままレンジで温められる保存容器。もともとは透明のガラスのフタがついていたのだと思うのですが、フタ無しで売っていたモノを買いました。ファイヤーキングやパイレックスは耐熱性や堅牢性が売りですが、リフリジレーターの透明のガラスのフタは欠けたり割れたりすることが多いようです。当時の技術で透明のガラスまで本体の白いガラスほどの強度を確保することは難しかったのかもしれませんね。ゴロゴロと大量に出回っているものなので、日本でわざわざフタ無しのモノを仕入れて売るなんてことはなさそうですが、アメリカではフタ無しだけどパイレックスならいいかというノリで、そのまま普通に売られています。まぁ、実際に我が家のように買う人がいる訳ですけどね…。
 アンティークや骨董ではオリジナルに近い状態の方が好まれ、値段も高いですね。でも一方で、究極に価値があるモノは、直しがあったり、割れた破片だとしても商品になることもあり、半端モノが流通できる世界です。しかし大量生産されたコレクティブルの場合は、希少性がないため、半端モノはゴミ同然。例外的に生産量が少なかったレアモノを除いて、基本的にコンディションの良さが望まれます。でも考えようによっては、完品であってもそれほど価値が高くないのですから、変にオリジナルの状態にこだわるのではなく、フタが無くても自分がよければそれでいいのですよね。こういうモノを探せるのも現地ならではの魅力です。
 これはMamiが色目を気に入って買ったモノ。ベージュの地色に細かい黒い点が施されたサンド柄。こういうサンドの模様が最近のMamiのお気に入りらしいです。そんなことを一言も言ってなかったのでTetsuはラスベガスではじめて知りました…。でもTetsuもこういうの好きですよ。前に紹介したファイヤーキングパイレックスのマグのように我が家の落ち着いたビンテージ色に挿し色を入れるタイプでなく、普通に家に馴染む風合い。ダイニングテーブルの上で小物入れにしているのですが全く違和感ないです。
 アメリカのコレクティブルというとポップで明るい色や柄を想像しがちですが、こういう独特のサンド柄の雰囲気にも古いアメリカのテイストがあります。日本にあってもおかしくなさそうなのに、微妙に異なる雰囲気。外国に行ったときに感じる異国情緒というのは、大きな文化の差もあるのですが、こういう同じようなのにディティールの異なる小さな違いの積み重ねにもあると思います。こんなモノばかり集めている我が家はどこか別の国のようなインテリア。どこかの国に傾倒しているわけではなく、雑多で多国籍なMix Modern。

Memo:
 パイレックスについては#70 Pyrex Magで詳しく書いていますのでそちらを参照してください。
posted by Mami & Tetsu at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | キッチンウェア>保存容器

Nov24,2005

#82 Amber Glass

brownglass.jpeg

琥珀色のビンテージグラス

 以前にも何回か書いたことがあるのですが、こういうアンバー、琥珀色、飴色などと呼ばれるブラウンのグラス類が好きです。改めて見返してみると色々と紹介してきていますね。アール・デコ琉球ガラス、ビンテージの水盤グラス灰皿など、自分でも思っていた以上にありますね…。食器にしても家具にしても、好みのモノを集めていると自然と統一感がでてきます。国も時代も関係なしに、カタチや風合いも全然違うのに、我が家の棚の中で調和していくモノ達に我ながらウットリ。ただし、やり過ぎると単色の食器棚になってしまいますので、インテリア的には挿し色も必要ですけどね。
 これはラスベガスのアンティーク・モールRed Roosterで買ったデザイナーもメーカーも不明の無銘モノ。アメリカではファイヤーキングやオールド・パイレックスなんかもいいのですが、こんな感じでミッドセンチュリーの雰囲気がする無銘の食器類がザクザクとあり、値段も安く、面白いです。レトロ&ポップなアンバーやグリーンのガラス器は雰囲気がよく、雑貨感覚で自分好みのモノが探せます。このグラスはそんな中から我が家が選んだモノ。
 シンプルですが、ポッテリとしたフォルムデザインが気に入りました。こういう色目は、モダンでクールな印象のビンテージにも似合うのですが、温かみのあるレトロな風合いにもピッタリですね。ゆっくりとした時間が過ごせそうな雰囲気のグラスです。
 ただし問題が一点。メーカー等が全然分からないこともあり、これが耐熱ガラスなのか不明です。暖かいハーブティーなんかをいれたいデザインなのですが、以前にMamiが思い切って熱いものを注いだところ、その時は平気だったのですが、後で洗っているときに小さなヒビが入りました。急激に冷却したわけではないので、熱が原因なのかは不明です。古いモノなので、たまたま弱っていただけなのかもしれませんが、その後はビビッて熱いものは注いでいません…。もう一度チャレンジしてみようかなと考えている今日この頃です。
posted by Mami & Tetsu at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。