Sep30,2005

#72 Fire-King Refrigeretor

firekingref.jpeg

ファイヤーキング[Fire-King]の保存容器

 アメリカン・コレクティブルの代名詞ともいえるファイヤーキング。以前に紹介したラス・ベガスのアンティークモールで購入したモノです。
 透明ガラスのフタがついた、正方形の白い保存容器。シンプルなデザインですが、ミルクガラスに特有の光沢感と光の透過具合がいいですね。今までファイヤーキングを持っていなかったので知らなかったですが、意外と光が透けますね。もっとハッキリと色のついた厚いガラスで、光を遮断するイメージでしたが間違いでした。ほんのりとガラス自身の色が明るくなる程度に光が入ります。このガラスの風合いにハマる人がいても当然だなと思います。堅牢、耐熱といった剛健な性能とはうらはらなレトロで優しい雰囲気のガラスです。
 使い勝手の良い大きさとカタチなので、色々と活躍しそうです。冷蔵庫から、そのまま食卓に出しても何の問題もないデザイン。電子レンジで温めることもできますし、ガラスなので色や匂いのうつりも心配ありません。昨日さっそくラッキョウがいれられていました(笑)
 通常バックスタンとして底に入れられているマークが透明ガラスのフタにもあり、ファイヤーキングを主張しています。自分の会社の商標をいれて、あとは飾りっ気のない装飾をちょっと付けてみましたというだけのデザインなのですが、いかにもアメリカの工業製品という感じが結構好きです。
 買った場所はFlamingoです。一つだけあった北欧系の陶器を色々と売っていたお店の一角にアメリカっぽいものがちょっとだけ置いてあり、そこで見つけました。

Memo:
 ファイヤーキング[Fire-King]は「炎の王様」意味する造語で、アメリカのアンカー・ホッキング[Anchor Hocking]社が開発した耐熱ガラスの商標です。アンカー・ホッキング社は1905年創業。オハイオ州で設立されたホッキング・グラス社が始まりで、合併を経て1937年にアンカー・ホッキング社となりました。
 ファイヤーキングは1942年に発売された耐熱ガラスのテーブルウェア・キッチンウェアのシリーズ。オーブンや電子レンジで使用可能な機能性と豊富なデザインとカラーバリエーションで一躍人気となります。スーパーマーケット等でも安価に販売され、高度成長期のアメリカで爆発的に普及しました。家庭やレストランで日常的に使用され、当時のアメリカの暮らしを象徴するアイテムとなりました。
 1976年に製造中止となり、現在ではコレクターズアイテムとして定着しています。人気の高い希少品は高値で取引されていますが、この人気はアメリカ人主婦たちの間でカリスマ的存在として知られるマ−サ・ステュワ−トさんがテレビ番組で取り上げたのがきっかけといわれており、1990年前後まではフリーマーケットやガレージ・セールなどで安く売られていました。コレクティブルとしての認知度は高まっているものの、いまだに田舎のフリーマーケット等ではただの古い食器として捨て値で売られていることもあるようです。
 バックスタンプと呼ばれる底にある刻印でおおまかな製造年代が分かります。また、各シリーズを製造していた期間やそのバリエーションなどを詳しくまとめた書籍やサイトがあり、情報量がとても豊富にあります。コレクションしやすいことも魅力の一つですね。こういった情報は検索すればいくらでもでてきますので、ここでの詳述は控えます。あまり知識もありませんしね…。

■追記(2006/4/12)
 記事内で何回も電子レンジで使用可能だと書いてしまいましたが、この手のコレクティブルを売っている業者さんは、電子レンジは避けた方がよいと言われます。原因はガラスの中に含まれる気泡。当時の技術では、どうしてもガラスの中に小さな気泡が残ることがあり、電子レンジで加熱すると、気泡が膨張し、これが原因で割れることがあるらしいです。特にミルクガラス類は色がついており、気泡が含まれていることが分からないことが多いとのこと。
 我が家は普段使いをしており、電子レンジにもガンガン入れちゃっていますが、高価なジェダイ等をお使いの方は、止めといた方が良さそうですね…。
posted by Mami & Tetsu at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | キッチンウェア>保存容器

Sep29,2005

*24 Honest Cafe

honest1.jpeg honest2.jpeg honest3.jpeg

オネスト・カフェ[Honest Cafe]

 今回はブランジェリー(パン屋さんですね)コム・シノワに併設されている「オネスト・カフェ」です。
 なんかベーカリーカフェの紹介が多い気もしますが、やはり神戸はパンの街ですし、Mamiはパン大好きです。初めてこのお店に行った時はケーキが並んでいるのかと思ったほど、色とりどりのパンたちが並んでいました。感激しましたね。なんかうれしくなりました。
 お店の雰囲気もパリにありそうな感じで、でもアジアっぽい雑貨類、カゴなどでアジアっぽくもうまくMIXされています。使われているお塩等販売もされています。
 ここはランチに行きましたが、ランチは予約できません。運です。すごい時は10組以上待たれています。今回はなんとスムーズに入れました。ついてる〜。ランチは週末のみやっているウィークエンドランチ(お肉・魚介・・サラダ・スープ・パン・小さなデザート・ドリンクまでついています!!)ちなみにお値段はさすがに¥1890です。サラダランチは4種類のサラダがついています。日変わりです。それとサンドイッチとサラダのプレートが10種類ほどあります。ランチはもちろんパンは食べ放題です。
 Mamiはサラダランチにしました。4種類の変わりサラダ、この時はレッドキャベツのチャイニーズコールスロー・かぼちゃのスパイシーロースト・とうもろこしのロースト・ミックスグリーンサラダでした。パンとのセットです。思いきりパンを味わうにはいいですよ。Tetsuはローストビーフサンドプレートです。二人とも+本日のスープ(アスパラとマッシュルームのポタージュ)にしました。
 Mamiは早速パンを取りにカウンターへ。パンは普通サイズのモノを二口サイズにカットしてあります。小さなカゴに好きなパンを入れていきます。だいたい15種類くらいありますかね。なくなったらまた違う種類のがくるので、ほんといろんな種類が食べられますね。もちろんオリーブオイルやソルト&ペッパーなどもスタンバイ。やっぱりおいしいです。何気ないパンも味わいがすごくあるんですね。サラダもどれもちょっと手間がかかってるけど、素材本来の味もちゃんとします。スープとともに、パンによく合います。
 Tetsuのサンドも比較的食べやすいフランスパン系にはさまれており、野菜もたっぷりでおいしかったです。サンドイッチは¥840〜です。スープやドリンクとセットにするといいですね。
 我が家的には以前、ウィークエンドランチも食べましたが、昼から重すぎたし、かんじんのパンがあんまり食べられずにお腹いっぱいになっちゃうので、それでなくてもいいかなーと。でもゆっくりしたい、大満足したい、いっぱい出てきてもパンも食べてやる!!という方はこれもよろしいかと…。
 パンを売っているところとカフェは完全に別になっていますので、ゆっくりできますよ。ランチは11:30〜14:00までです。カフェタイムも「コムシノア」のスイーツと楽しむこともできます。夜は行ったことがないんですが、オネストカフェではパンと一緒に楽しむお料理をコンセプトに夜もお食事があるとのこと。ちょいと小腹が…な方もしっかりお食事な方もワインを飲みつつ少しな方も…ということです。とにかくtake outでも色とりどり、味とりどりのパンを食べてみてください。
 場所は国際会館の道を挟んで東側、三宮ビル南館の地下。ちょうどネスカフェ・カフェの下ぐらいです。
posted by Mami & Tetsu at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>カフェ

Sep28,2005

^15 Baden Powell Swings with Jimmy Pratt

closing time
click me to go Amazon


スウィング・ウィズ・ジミー・プラット[Baden Powell Swings with Jimmy Pratt] / バーデン・パウエル[Baden Powell]

 しばらくブラジル系を離れていましたが、今回はボサ・ノヴァ・ギターの雄バーデン・パウエルの紹介。非常に長い音楽活動の中で、晩年における革新的なショーロ奏法の確立など多彩な活動をされていましたので、ボサ・ノヴァというジャンルにくくるのに抵抗がある方も中にはいるようですね。でも私が好きなバーデン・パウエルは50〜60年代のボサ・ノヴァ・ムーヴメントの中で、確実にボサ・ノヴァ・ギターの世界を拡げた、個性的で創造性に溢れ、時にはやりすぎと思わせるほどのテクニックを詰め込んだ、若かりし頃の演奏。
 ボサ・ノヴァの重要な要素はボーカルとギターであり、その究極はジョアン・ジルベルトの語り弾きだと思います。ポップスではあまり使用されない難解で独特の和音をパーカッシブに刻むギターは、ボサ・ノヴァには欠かせませんね。でも大概は歌のバック演奏に主軸を置いているもの。バーデン・パウエルは、従来のカッティング的なスタイルにメロディーを加えました。ただでさえ難解なボサ・ノヴァのコードワークにメロディーラインを織り込み、ギター一本でボサ・ノヴァの演奏と歌の両方を同時に奏でるかのような奏法。言葉では説明しにくいので、ぜひ一度聴いてみて下さい。「ギターが唄っている」とは多くの名ギタリストに使い古された台詞ですが、彼のギターは呼吸する生物のように、唄い踊り、泣き笑います。
 今回紹介する作品は63年の録音。初期の頃の傑作の一つ。ブラジルの灼熱の太陽光を思い起こさせる、明暗のコントラストを際立たせたジャケットの写真もカッコイイです。
posted by Mami & Tetsu at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音ネタ>音楽

Sep27,2005

#71 Jelly*3

jelly*3.jpg

ジェリーキャット[Jellycat]製のサルのぬいぐるみ/ Junglie Monkey Huge, Large and Tot

 ラス・ベガス購入モノを連続で紹介しようかとも思っていたのですが、あまりにアメリカンになってもなんなのでボチボチ混ぜながらしていきたいと思います。
 今回は#27 Jellyで紹介したのと同じ英国王室御用達ジェリーキャット社のサルが再登場。ご存知の方もいるかと思いますが、このブログにはアクセス解析機能とういものがついていて、どんなキーワードで検索してきたのかが分かります。昨日なんと『jellycat junglie monkey』での検索が1件ありました。まさしく、このサルを探している人がいたというわけで、ちょっと嬉しくなって、また紹介を。
 我が家では、ここ一年ほど空前のサルブームです(笑)ちょっとイタイと言われそうな気がしますが、本当にカワイイのですよ。以前に紹介したときにセレンディピティで買ったと書いた小さいサルが写真の一番前のやつ。真ん中が以前に紹介した全長53cmサイズなのですが、実はこれは新たに買い足した新しいモノ…。で、後の巨大なのも買っちゃいました。アハ。
 どんどんイタ目な話になっていきますが…、最初の子が(ジェリーって名前なんですが)人気者で、一緒に寝たり、遊んだり、旅行(ラス・ベガスへもね)に連れて行ったりしているうちに、シャギーの毛並みがドンドン悪くなってきました。とりあえずジェリーは一度クリーニングするとして、同じサイズの新しいモノを買い増しておこうかと。
 ところが探しても全然見付かりません。コンランは取扱い終了、セレンディピティでは大きいモノは取扱っていなく、その他にもネットでジェリーキャット取扱店を探してはメールの日々でしたが、一向に見付かりませんでした。そうこうしているうちに、あるお店から製造中止になりましたと返事がありました。イギリスのJust Jellycatというサイトでは人気No.1でトップページに写真まで載っているのに製造中止はないだろと思っていたら、なんとJust Jellycatでも53cmサイズがSoldoutでおまけにNo longer availableとの表示が…。こりゃ本気で製造中止かもしれないと思い、海外通販を決意。
 あまりカードを使いたくなかったので当初はPaypalの支払を受け付けている店を探しました。アメリカに1店あったのですが、サイト上ではストックがあるように表示しているのに、実際はなくて、しかたなく入荷待ちすることに。しばらくしても一向に連絡がなく、何回か催促しても未入荷の返事だったり、返事すらなかったりで、そこはキャンセルすることに…。案外オークションのセラーは対応が良いことが多いので忘れていたのですが、アメリカにはこういう適当な対応のところがたまにあります。
 Paypalでの支払いはあきらめて、カード決済することにし、別のアメリカのお店でストック2体を発見!なかなかの親切な応対のお店で、しばらくすると送られてきました。ところが箱がデカイ。ジェリーと同じサイズが2体入っているはずなのに5〜6体は入りそうな大きさの箱。ぬいぐるみなので大した梱包はいらないはずなのに…。開けてみると巨大なサルが2匹あらわれてきました。あれ?発送ミスか?と思ってサイトとサルについているタグを確認してみると…、オーダーミスでした。イギリスのページでは全長サイズが書いてあったのにアメリカでは座高サイズが書いてあったようです。つまり全長53cmのモノを頼んだはずなのに、座高53cmのやつが来てしまいました。こいつらは足が長いので、かなり大きさが違います。サイトにはSizeとしか標記がなく座高か全長かの判別はつきません。たまたま座高が53cm程度で、さらにイギリスはセンチ表示なのにアメリカはインチ表示で、1〜2センチの差は換算誤差かな?なんて思ってまして…。さらに日本で買ったジェリーの値段と、アメリカで売っている巨大なやつは値段がほぼ一緒。てっきり、こっちかと思ってましたよ。一応ちゃんとしたお店なので返品もできるのですが、送料は当然こちらが負担。わざわざアメリカまで返送する気にもなれず、オーダーミスをしたTetsuが責任をもって可愛がることに決定。なので写真で後にいる大きな子は、実は間違いで我が家にやってきたのです。でも、このデカくてプワプワのお腹がさわり心地がよくて、Mamiにも可愛がられています。
 その後、別の店で今度こそはジェリーサイズを見つけて3体購入。こうしてサルだらけになった我が家ですが、ビッグサイズとジェリーサイズの各1匹ずつはMamiの実家に引き取られ、両親と妹に可愛がられています。我が家にはジェリーとミニサイズ1匹+ジェリーサイズ2匹+ビッグサイズ1匹の計5匹がいて、仲良く幸せに暮らしてるとさ、チャンチャン。
 やっぱりイタイ?
posted by Mami & Tetsu at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 置物>オブジェ

Sep26,2005

#70 Pyrex Mag

pyrexmag.jpeg

オールドパイレックス[Pyrex]のマグカップ

 前回紹介したラス・ベガスのアンティークモールで購入したモノです。
 実はTetsuはオールドパイレックスやファイヤーキングには、あまり興味がありませんでした。日本での人気が高いのは分かりますけど、大量生産されていた日用品が、いかにコレクティブルとはいえ、尋常でない値段で取引されていますし、ちょっとポップすぎるような気がしていたので…。でもMamiはせっかくのアメリカなのでハッピーカラーなモノを買おうと思っていたらしく、あれこれと探すことに。
 実際に現地で見てみると結構いいものですね。まず値段が安い!さすがアメリカです。もちろん年代が古いモノやファイヤーキングのジェダイなどは、それなりの値段を付けていたりします。でも本当に色々な種類のモノがありますので、単純に自分が好きなカタチやカラーを選ぶ楽しみがあります。コレクターに人気のレアモノとかいう基準でなく、自分の好みのモノを選んでいけば、とってもチープです。こういう楽しみ方はありですね。
 また意外と色味がいいのですよ。ポップな色のモノが多い印象だったのですが、どの色も落ち着いた風合い。黄緑とか水色などでも全然ハデハデしくありません。ちょっと誤解していましたよ。Mami&ムッチャンのおかげでちょっぴり世界が拡がったTetsuなのでした…。
 このマグもいい色合いです。ちょっと茶色っぽいオレンジ。取っ手のカタチがアメリカっぽくて、気分はアメリカンダイナーです(笑)
 買ったのはThe Antique Mall。2脚セット売りしていました。実はここより前に行ったRed Roosterでも同じモノが2脚並べてバラ売りしており、見た感じのコンディションはほぼ同じなのに、なぜか値段が全然違いました。よく見ると片方はパイレックスではないのに、色もカタチもソックリ…。値段が同じだったらウッカリ買っていたかもしれないほど違和感がありませんでした。気に入っていたので後で2個ともパイレックスのモノに巡りあえて良かったです。
 これ以外にも色々とファイヤーキングやパイレックスを買ってきましたが、家に持って帰ってみると部屋に色味が増えていい感じです。Mix Modern感が増した気がします。

Memo:
 パイレックス[Pyrex]はPYRO(熱の意味)とEX(王様を意味する接尾語)を組み合わせた造語で、アメリカのコーニング[Corning]社が開発した耐熱ガラスの商標です。コーニング社は、1851年創業(ベイ・ステート・グラス社に始まり、その後合併を繰り返しながら1875年にコーニング・グラス・ワークス社が設立、1989年に現在のコーニング社へ名称を変更)エジソンの世界最初の電球のガラス、アポロ宇宙船の窓ガラス、光ファイバーグラスの開発など、優れた技術力と伝統のある特殊ガラスメーカーです。
 オールドパイレックスは1960年台ぐらいまでコーニング社が製造していた耐熱ガラスのテーブルウェア・キッチンウェアの総称。オーブンや電子レンジで使用可能な機能性と50〜60年代のアメリカ文化を象徴するかのようなデザインと豊富なカラーで、日本でも人気の高いコレクターズアイテムです。
 なお、コーニング社は現在でも「PYREX」商標を保有していますが、現行のパイレックス製品の製造には関係していないようです。日本では1970年に岩城硝子(株)がコーニングの技術供与を受けて生産、販売開始しています。
posted by Mami & Tetsu at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。