Jun17,2005

*14 Igrek

igrek1-1.jpeg igrek1-2.jpeg igrek1-3.jpeg

イグレック[Igrek]

 今度は北野ホテル内のセミカジュアルレストラン「イグレック」の朝食の紹介です。夜も昼も「イグレック」で食べることももちろんできますが、我が家は前回紹介した『アッシュ』で食べたので、朝食での登場です。
 ランチやディナーはできても、ほぼ宿泊者しか《世界一の朝食》を食べる機会ないですよねー。食べられない訳ではないんですよ。当日の朝、できれば8時頃に席が空いているかの確認の電話をして、空いていたら食べられます。やはり宿泊者が優先なんですね。土日はほぼムリのようです。
 中庭のひさしの下、花壇や木々に囲まれての朝食で、朝からすでにスローなムード。スイッチはまだOFFなまま席につきました。
 朝食の説明があり、ドリンクはコーヒーにしました。するとピッチャーにたっぷりのコーヒーとミルク。朝のおすすめはカフェ・オレのようです。ジュースもフレッシュなオレンジかグレープフルーツが選べます。そして次々と運ばれてくる半熟卵・シリアルオーレ・生ハム・フルーツ、食べきれないよ〜とびっくりするようなバスケットに入った焼きたてパン。でも残ったらお持ち帰りいただけますとのこと、安心安心。そして手作りジャムの数々に栗のはちみつ!?またたくまにテーブルの上はいっぱいに。
 半熟卵は銀色の丸い重りでカポッと卵の上3分の1をとるというグッズで(笑)ねぇみなさん、わかります?Mamiわかりません(笑)とにかくその丸い重りを上から3回ぐらいゴンゴンゴーン!てやるときれいにとれるらしいんですよ!!(Mami&Tetsu共に失敗気味…)じゃあ中はトロッとしてて岩塩をふって混ぜていただきます。あら、おいしいわね。シリアルオーレは2種類で日替わりらしいのですが、クスクス(世界最小パスタ)をミルクとドライフルーツ入れて煮たのを冷たくしてありました。これは好みが別れるところかなー(Mami&Tetsu共になじめず…)生ハムはもう激うまうまです。これ、生ハム?みたいな感じ。フルーツは季節で変わり、チェリーでした。プルーンの紅茶煮もありましたね。ヨーグルトもプレーンで出てきて、好きなジャム類を入れます。Mamiはおすすめの栗のはちみつを。普通のはちみつと違ってちょっとくせがあるっていうか、ホント栗の風味がしました。なんか不思議。Tetsuはライムとグレープフルーツのジャムを入れてましたが、これもおいしかったですねー。パンはフランスパンからくるみ、チーズ、フィナンシェやドライフルーツのパウンドケーキみたいのもあります。食事に合わせて食べました。ジャムも柿とバニラやオレンジとローズマリーなど、初めての連続です。一通り味わって、残ったパンは持って帰りました。
 たっぷり1時間かけての朝食は朝からとても贅沢です。風が吹き抜ける中庭でのありきたりじゃない朝食。なかなか旅行でも出会えませんよ。バイキングのとこも多いですしね。それはそれで楽しいんですけどね。朝食後、みんな満足気にレストランをあとにしていたように見えました。みーんなパンの入った袋を手に持って。
 ちなみにお値段は¥3,465です!!宿泊と朝食がセットになってたのであまり気になりませんでしたが、やっぱりすごい値段ですね…


posted by Mami & Tetsu at 19:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ>フレンチ

Jun16,2005

*13 A

a1.jpeg a2.jpeg a4.jpeg

a4.jpeg a5.jpeg a6.jpeg

a7.jpeg a8.jpeg a9.jpeg

アッシュ

 さて、神戸北野ホテル内フレンチレストラン「アッシュ」でございます。ホテル予約時にレストランの予約もとっておきました。また、数日前にコースも決めて電話をいれました。ドレスコードもあるとのこと、緊張するなぁ…。年齢制限もあるようで、あんまり小さなお子様はダメみたいでした。「アッシュ」はコースが3種類あり、値段は下から¥10,395・¥13,860・¥17,325となっています(税金・サービス料込み)一番下は何かと本日の…となっていて選べなさそうでしたし、一番高いのはチーズまでついていて、我が家は真ん中のコースにしました。電話で伝えると、その時に食べ物で苦手なモノはございませんか?と聞いていただきました。フレンチ的には好き嫌いのある食材はないかなと思い、ありませんと伝えました(Mamiは納豆はどうしても食べられないんですが)
 予約時間にレストランに行くと席に案内されました。ホテル自体30室のプチホテルなので、レストランも空間は優雅ですがプチメゾン的でした。その小バコさをいかしてか、今日のおもな説明係が決まっていたようです。最初のオーダーからレストランを出るまで、同じサービスの方がほぼ相手をしてくれましたね。その人は若かったのですが、しっかりされていましたし、ユーモアもありました。最初はかたくなっていたMami&Tetsuも、だんだんくつろぎムードに。続きを読む
posted by Mami & Tetsu at 21:44 | Comment(5) | TrackBack(0) | グルメ>フレンチ

Jun10,2005

Kobe Kitano Hotel

kitanohotel1.jpeg kitanohotel2.jpeg kitanohotel3.jpeg

神戸北野ホテル

 ちょっと今回は変わりだねです。神戸を代表する山口シェフのことは『イグレック・ベガ』の時にもふれましたね。その山口シェフがオーナー兼シェフの神戸北野ホテルに行って来た報告です。ホテル内レストラン『アッシュ』と『イグレック』の紹介の前振りでもあるのですが、ホテルですので街ネタにしてます。
 やはり、『プライムリゾート賢島』のレストランの味は忘れられません。しかし、『イグレックベガ』の全体的なサービスに感じた物足りなさ。そこで、本家本元に泊まりに行ったわけです(実はMamiとTetsuのちょっとした記念日でもあったので☆)
 わりと早めの4時半ぐらいにホテルに到着。外観はすごく素敵。30室のプチホテルなんですね。フロントにチェックインに行くと、もっとカチカチかと思ったら、すごく笑顔で素晴らしい対応でした。ホテルマンとしての清潔感も節度もありながらニコニコとしてくれて、こちらの緊張もほぐれるというものです。そして先着の女性のお客様10名様にと、フランス製のアメニティーセットをプレゼントされました。さらにラッキーなことに…もう1ランク高い部屋が空いているので、同料金でのグレードアップになったんです!!ラッキー☆二人の記念日にありがとう!!な感じです(笑)話を聞いてみると、撮影などによく使われる30室中3室しかない猫足のバスタブのあるお部屋だとか。楽しみ〜!!
続きを読む
posted by Mami & Tetsu at 22:05 | Comment(4) | TrackBack(0) | 街ネタ>ショップ

Jun08,2005

^5 Puro Suingue

sergio mendes
click me to go Amazon


プーロ・スインギ[Puro Suingue] / ジョルジ・ベン[Jorge Ben]

 ブラジリアン・ファンク、サンバ・ロックの雄ジョルジ・ベン。とにかく格好イイです。
 潔くシンプルな音色で鳴らすファンキーでパーカッシブなギター、ぶっきらぼうなようでいて甘く伸びのある歌声。天性のリズム感はメローなバラードさえもブラジリアンなグルーブに染め尽くします。
 今回紹介するのは、そんな彼のベスト盤。60〜70年代の音楽とはとても思えないほど今でも新鮮に聞こえる楽曲たちの数々を収録。^4で紹介したセルジオ・メンデス&ブラジル’66が歌っていたマシュ・ケ・ナーダはなんと彼が19才の時に作ったモノ。'63年発表のファーストアルバムで彼自身が歌ったモノが収録されています。名盤「アフリカ・ブラジル[Africa Brasil]」で演奏したタジ・マハールも入っていますよ。全20曲どれもいいです。うーん、たまりません。
posted by Mami & Tetsu at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音ネタ>音楽

Jun06,2005

#51 読谷山焼(その2)

yomitansanbowl.jpeg

読谷山焼のお椀(中・大)

 #39で読谷山焼の中皿を紹介しましたが、今回はお椀です。
 こちらもやちむんの里の共同売店で買ったモノ。このカタチは定番品として作られているのか、何種類かの大きさ・色違いのモノがまとまった量が置いてあり、値段も手頃です。今回紹介するのはどんぶり程度の大きさのモノ。写真では分かりにくいですが、この二つは色が違うだけでなく、大きさが違います。手前の茶色っぽい方がひとまわり小さくMami用で、奥がTetsu用です。
 手の込んだ品ではないのですが、とても好きなシリーズです。独特の土色と陶肌、大胆に描かれた紋様と釉の色味、そして高台跡の丸い輪など、シンプルですけど読谷山焼らしくて、とても使い勝手が良いお椀です。
 どの要素も本土には似た雰囲気のモノがないのですよね。お椀のカタチひとつとっても少し違うのです。でも調和がとれていて、ひとつの完成したデザインなのは、違う文化の中で育まれたセンスなのでしょうね。陶器に限らず沖縄全体にも言えることなのですが、日本なのだけど、どこか異国な匂いがして、でも日本という感じ、いいですね。南国生まれのスローで暖かみのある印象も最近の気分です。
 モダンデザインとの相性もいいですね。#39でも書きましたが特に北欧モダンとは合わせやすそうです。
 ただし、どうしても食卓には複数の食器類が並びますので、食器同士の相性は考えなくてはいけませんね。これまで色々なテーブルウェアを紹介してきましたが、これらを同時に食卓に並べるとおかしなことになりそうです。盛り付ける料理と食器の相性、食器同士の相性等を考えて、その都度チョイスする必要があります。どうもTetsuはこれが苦手で、無難に同系統の食器で揃えてしまう人の気持ちの分からなくもありません…。でも我が家はMamiがセンス良くこれらを合わせてくれるので、食卓もミックスモダンに仕上がります。あまり合わせ方を考えずに好きモノを買うこともできますのでMamiに感謝のTetsuなのでした。

Memo:
 読谷山焼については#39 読谷山焼(その1)で詳しく書いていますのでそちらを参照して下さい。

■関連記事
#39 読谷山焼(その1) 読谷山焼の中皿
#102 読谷山焼(その3) 読谷山焼の中皿
#113 読谷山焼(その4) 読谷山焼の鉢
posted by Mami & Tetsu at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。